隕石が愛知に!隕石の驚きの価値や落下数、過去の落下場所について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

隕石が愛知に落下しました!
調べてみると隕石が地球に落ちてきている数がこんなにも膨大だったなんて驚きです!

何よりも驚いたのは、隕石がとてつもなく高額で取引されていたことです。
そんな隕石の価値や落下数、落下場所についてまとめてみました!

隕石が愛知に落下!

愛知県の小牧市で、突然住宅の屋根が壊れて表面が焼けた石が落ちているのが見つかり、国立科学博物館が調べたところ隕石の落下であったことが判明しました!

隕石の落下に伴い、屋根に隕石の直撃を受けた愛知の家は轟音とともに家全体が揺れる衝撃があったと言います。

なんと国立科学博物館の専門家が鑑定したところ、成分などから45億年前にできた隕石だと判明しました!

やばくないですか!
生命が生まれる遥か昔である45億年前に誕生した隕石が、この現代の地球に落下してくるなんて!!!

隕石の被害者や場所は?

今回は45億年前の隕石が、愛知県小牧市の民家に直撃しました。

幸いなことに、当時は家の中に人はいましたが怪我はなかったそうです。
音がした翌日に、住民が庭を見てみると
表面が焼け焦げた大きさ10cm、5cm、4cmの3つに割れた石が落ちているのを発見したそうです!

実際の場所がこちら!

愛知の中心部である名古屋市から近いので、危うく人が密集している名古屋市に落ちるところでしたね!

今回は怪我人もいなかったので、不幸中の幸いですが
あれだけ大きなものが宇宙から激突してきたら、ひとたまりもありません!!!

過去に日本に落ちた隕石は?

今回の隕石は愛知の小牧市に落下しましたが、日本には以前にもたくさんの隕石が落下しています。

ざっと紹介していきます!
・青森隕石は、1984年(昭和59年)6月30日、青森県青森市松森の民家に落下した石質隕石

・富谷隕石は1984年8月22日、宮城県富谷市に落下した隕石である。民家の濡れ縁に干してあった女児の衣類の上にパシッという鋭い音とともに25mm程度の1個の黒い石が落下したとされています。

・国分寺隕石は1986年7月29日に香川県国分寺町坂出市に落下した隕石です。1986年7月29日、午後7時ごろ大音響とともに国分寺町、坂出市に100個を越える隕石破片が落下したといいます。

・美保関隕石は1992年12月10日に島根県八束郡美保関町の民家に落下した隕石です。

・根上隕石は、1995年2月18日石川県能美市に落下した隕石です。

・つくば隕石は1996年1月7日16時20分頃、茨城県つくば市周辺に落下した隕石です。

・十和田隕石は、青森県内で2番目に発見された隕石です。1997年4月頃、青森県十和田市米田の民家で発見されたものです。

・神戸隕石は1999年9月26日兵庫県神戸市に落下した隕石です。

・広島隕石は2003年に広島市安佐南区に落下した隕石です。

・長良隕石は2012年10月頃に岐阜県岐阜市長良で発見された鉄隕石です。

・乗用車に落下した唯一の隕石
根上隕石は1995年2月18日に石川県内の住宅地の常用者に落下した隕石です。

日本だけでもこれだけたくさんの隕石が落下しているのです!
ぶつからないだけありがたいっす!!!

地球規模で考えると凄まじい数の隕石が!

隕石とは、宇宙から落ちてくるのであり大きさも様々です!

映画などでは巨大な隕石を想像しますが、実は常に隕石とは地球に向かって落下してきているのです。

その落下頻度も隕石の大きさによって異なります。

地球規模で数えると
100gの隕石→年間約1万9000個
1kgの隕石→年間約4100個
10kgの隕石→年間で約800個
と推定されていますが、地球に隕石が落ちてくる数はニュースでみるとこの数ほどはありませんよね!

なぜなら、大体の隕石は大気圏で燃え尽きてしまうからです。
4m程度のサイズの隕石であれば、年間に2〜3個の割合で地球に落下していると言います。

隕石の価値は?

隕石の落下による人災がなくてよかったので
今後気になるのは、落下してきた隕石の価値です!

一体いくらの値段がつけられるのでしょうか?

世界には隕石を集める大富豪やコレクター達が大勢います。

2011年にモロッコに落下した7kgの隕石に関しては、1330億円で博物館が購入しています。

他にも小さなサイズから大きなものまで、オークションや専門店などで数十万から数千万円単位で取引されています。

今回の小牧市に落下した隕石のサイズは、10cm、5cm、4cmと小さいです。
本来であれば、隕石の取引はグラムですので今回のケースでは大きな金額にはならないのですが、なんせ45億年前の隕石です。

そこにどれだけの価値を感じるか次第だとは思いますが、とんでもない金額がつきそうです!

それか、45億年前ということで学術的に価値があるとして金銭での取引にはならないかもしれませんね。

どちらにせよ、今後の動きに注目していきます!

隕石に対する世間の声は?

現地の人を心配する人も多いですが、自分には関係ないと考えている人が多いようですね!

まとめ

先月に愛知の小牧市で45億年前の隕石が発見されました。

住宅の屋根をぶち破ってきた隕石ですが、幸い怪我人もいなかったのでよかったです!

それにしても45億年前の隕石ですので、もしかしたら隕石を解析していく事で地球誕生の秘密を解明する足がかりになるかもしれませんね!!!

45億年前の隕石の価値にも注目していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする