高速通信5Gの導入が前倒しになった理由!5Gの機能や4Gとの違いは?

4Gから5Gへ通信速度が爆速の5Gの通信サービスが1年前倒しで実行されると発表がありました。

5Gの導入が早まった理由と5Gがもたらす変化についてまとめてみました!

 

5Gの導入が前倒しへ!

携帯電話の大手3社は次世代の高速通信である5Gの実用化について

従来の想定よりも1年前倒しし2019年よりサービスを開始することを発表しました。

スタート時は端末を貸し出して限定的にサービスを開始し、2020年以降に本格的に個人のスマホで使えるようにしていく方針のようです!

5G導入を早めた理由は?

従来よりも1年前倒しして、2019年からサービスを限定的に開始していくと発表した5Gですが

その理由についてはおそらく東京オリンピックが関係しているのではないでしょうか。

当初は2020年から開始の予定でしたが、いきなり5Gを東京オリンピックで試すのは非常にリスクが高いです。

そこで前倒しし1年程度限定的にでも使用してみて、改善を繰り返していくことでより高品質なサービスが東京オリンピックの際には提供することができると考えたのではないでしょうか?

5Gという通信容量があれば、今までとは異なった指向の映像を世界に届けることができるかもしれません!

オリンピックで、日本の技術力を再び世界にアピールするチャンスでもありますね!!!

 

5Gって何?5Gができることは?

5Gはざっくり言うと爆速な通信速度をもったサービスということですが

そもそも、携帯電話サービスは1G→2G→3G→4G(今ここ)と進化を遂げてきました!

GというのはGenerationの略で第○世代を表しています。

今までと5Gは何が違うの?

今までの規格で重視されていたのは高速大容量であり

データ量が大きいものを素早くやりとりできることを高めてきていました。

5Gから新たに重視されるのが
・同時他接続
・低遅延

同時接続って何?

たくさん物が同時につながる!ってことですね。
IoTなどスマホと家電が繋がったり、今ではたくさんのものが通信システムで繋がっていますよね!
大人数がいる場所でも電波がより接続しやすくなるということでもあります。

低遅延って何?

低遅延はざっくり言うと、早く反応が返ってくるというものです。

サービスは限られますが5Gでは1/1000秒以下の速度が保証されています。

これは車の自動運転などで利用されてくる技術で、遅延するとブレーキが遅れて事故になりますので自動運転の領域ではこの機能は必須と言われています。

 

5Gで可能になることは?

一番気になるのは5Gになると何ができるのか?と言うことですよね!

5Gになりより通信が高速化することで

・ホログラムで生中継
・遠隔で名医の手術を受ける
・飲食店でロボットアームが料理
・より安全な自動運転技術

など様々なことが現実化していくそうです。

通信できるデータ量と速度が今までとは比べものにならないので、今までとは全く異なるサービスが表れてくる可能性も高いそうです!

スポーツなど選手や審判の視点を、自分で選んでサッカーの試合などが見れたら面白いですよね!

ボクシングなどの格闘技の試合も、選手目線で見れたら迫力が半端じゃないですね!

そうなったらすごく楽しみですね!

 

5Gに対する世間の声は?

5Gを楽しみにしている意見が大半を占めるかと思いましたが、意外にも不安視する意見も多く見られましたね!

 

まとめ

近未来の世界がすぐそこまで迫ってきているような、想像を掻き立てられる5Gの通信速度と容量ですね。

5G開始が前倒しになったことで、より早い段階から5Gを体験することができるようですが、最初は不具合も多いでしょうし、それを修正していくことで東京オリンピックで日本の技術力を世界にアピールすることができますね!

 

頑張れ研究者の人達!笑