【映像】国際映画祭新人賞を受賞!奥山監督の経歴や作品、今後の活動は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、雨だれです!

22歳の奥山監督が
サンセバスチャン国際映画祭で
史上最年少で新人監督賞を
受賞しました!

おめでとうございます!

若干22歳で
国際映画祭の新人賞を受賞した
奥山監督の経歴や学歴
今までの作品、今後の構想に
ついてまとめてみました!

奥山監督の経歴や学歴は?

名前:奥山大史
年齢:1996年2月27日の22歳
出身:東京都

学歴は青山学院大学を卒業しています。
青学に映画を学ぶ学部はないので
映画美学校という映像や
脚本などが学べる専門学校へも
通っていたそうです。

青学で学びながら
映画美学校でも映像の勉強をして
在学中に自主制作した作品である
「僕はイエス様が嫌い」
国際映画祭で新人監督賞を
受賞したなんて凄まじいですね!

自分のやりたいことを
やるためにダブルスクールをして
努力をしていた賜物ですね。

ちなみに青学卒業後は
広告代理店に就職しています。

国際映画祭で新人監督賞を受賞!

スペインの
サンセバスチャンで
開催されていた
第66回
サンセバスチャン国際映画祭
ニューディレクターズ部門に
出品されていた奥山監督の
「僕はイエス様が嫌い」が
市場最年少で新人監督賞を受賞しています。

日本人でこの受賞は
20年ぶりだそうです!

光栄なことですね。

奥山監督のこれまでの作品は?

これらの作品が奥山監督が
撮影を行った作品です。

アシスタントしての
作品が多いですが
奥山監督自身が作ったのは
一番下の「白鳥が笑う」です。

その他にも
ユニクロやGUのCM
ロフトのCM
アーティストのMV
撮影だど多種多様な
ジャンルでの撮影の
経験を積んでいるようです。

ちなみに、新人監督賞を
受賞した作品である
「僕はイエス様が嫌い」は
まだ上映されていません。

2019年に上映予定ですので
今から楽しみですね!!!

受賞作である「僕はイエス様が嫌い」とは?

「僕はイエス様が嫌い」は
奥山監督が脚本、編集、撮影を
全て手がけた初の長編作品です!

祖母と一緒に暮らすために
東京から雪深い地方の小学校へ
転校してきた主人公のユラは
同級生たちと行う礼拝に
戸惑いを感じていました。
そんな礼拝や友人たちもの
慣れてきたある日のこと、
お祈りをするユラの眼の前に
小さなイエス様が現れる。
ユラは願いを必ず叶えてくれる
イエス様が持つ不思議な力を
次第に信じるようになっていく
長編作品です!

そして、この作品が
サンセバスチャン国際映画祭で
新人監督賞を受賞しています。

初制作の長編映画で
国際映画祭新人賞を受賞するなんて
すごいですね!

奥山監督の今後の活動は?

奥山監督の
今後の活動が気になりますが

一旦は「僕はイエス様が嫌い」の
プロモーションに専念するようです。

映画祭で受賞したとしても
必ずしもたくさんの人に
見てもられるとは限らないので
そう言った部分でも
僕はイエス様が嫌いの
プロモーションに力を入れていく
のでしょう!

僕はイエス様が嫌いが
ヒットすれば奥山監督も
もっとたくさんの映画を
取ることができるように
なりますし。

おそらく、奥山監督の
頭の中には次回の作品の
構成があると思いますので
それが形になるのを
楽しみに待ちましょう!!!

まとめ

国際映画祭で新人賞を
受賞することもすごいですが
大学在学中にもう一つ
別の専門学校に通い
映像の勉強をするという選択を
選んだことが素晴らしいですね!

才能ももちろんあるのでしょうが
ダブルスクールで
頑張れるという努力が
あるからこそ、最年少で
新人監督賞を受賞することに
なったのではないでしょうか!

これからもっと
活躍してくれる若手監督
ですので楽しみです!

まずは2019年公開の
「僕はイエス様が嫌い」
見に行きましょう!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする