台風24号による関西への影響は?関空やJR西日本は異例の対応!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、雨だれです!

またしても台風がきましたね。
台風21号に続き台風24号が!

それに前回を上回るレベルの規模です。
現在は”非常に強い”レベルの
勢力を維持している台風24号ですが
台風21号は上陸とともに
勢力が弱くなったにも関わらず
あれだけの被害を残しました。

もし台風24号が上陸しても
”非常に強い”勢力を維持したと
したらどうなってしまうのか?を
過去の例を参考に考えていきます。

また、台風21号の際に
8000人を軟禁した関空と
JR西日本の事前対応が
発表されたので、これらも
まとめてみました!

台風24号の関西への影響は?

現在の台風24号の規模は
「猛烈」
「非常に強い」
「強い」
という台風の強さの
レベルのうち
”非常に強い”状態です。
ちなみに前回の台風21号も
海上では”非常に強い”という
台風の強さでした。

もし”非常に強い”の状態で
本州に台風が上陸してきたら
1993年9月の台風13号
以来のこととなります。

台風13号の被害は?

1993年9月の
台風13号では

中心気圧930hPa
最大瞬間風速では
種子島が59.1m/s
枕崎では55.6m/s
を記録していました!

記録的な大雨により
土砂崩れなども合わさり
鹿児島県内で33人が
犠牲となっています。

今回の台風24号も
このまま
”非常に強い”の状態で
本州に上陸してしまうと
1993年の台風13号の
ような被害が起こってしまう
可能性がありますね。

台風が上陸する前から
停電や断水に備えて
水や非常食、ラジオや
懐中電灯などを
用意しておくとが大切です!

また、不用意に外出することは
避けて海や川、田んぼなどの
様子を見に行くのはやめてください。

関空やJR西日本への影響は?

今回の台風24号の
報道と予測軌道を受けて
両会社は予防策を
講じる意志があるようです。

関西国際空港の対応は?

台風21号の時は
滑走路が冠水し
タンカーが衝突したことで
一般市民の約8000人が
関西国際空港内に
軟禁されてしまいました。

この反省を受けて
関空は、台風が最も
接近する7時間前を
めどに2本の滑走路を
計画的に閉鎖する方針を
明らかにしました。

閉鎖の数時間前には
一般市民や企業に
アナウンスが流れるようです!

早めに閉鎖を通知することで
空港内への人の流れを断ち
安全確保を図る考えのようです。

前回の反省を生かし
27日から空港内で
2万4千個の土嚢の設置作業が
行われているようです!

関空はいつ閉鎖する?

台風24号は9/30の昼過ぎに
近畿地方に接近すると
見られていますが
関空は「ギリギリまで
気象条件を見極める」
しています。

現時点での
具体的な閉鎖時刻の
見通しは明らかには
できないようです。

公式ツイッターでの
速報が最も早く情報を
仕入れることができるでしょう!

こちらからチェック!

JR西日本の対応は?

非常に強い勢力を
保っている
台風24号の接近により
JR西日本は9/30昼ごろから
山陽新幹線と京阪神エリアの
在来線で運転を取りやめる
可能性があると発表しました。

山陽新幹線、在来線ともに
詳しい期間や区間については
今後の台風の進路や規模に
よって変動するので
JR西日本では公式HPなどで
最新の運転状況を確認して
もらいたいと呼びかけています!

JR西日本公式HPはこちら!

まとめ

今回の台風24号も規模が
非常に強い台風なので
被害が心配ですね。

関空やJR西日本は
運転中止を予告するなど
台風21号の時の反省を生かして
事前対応で被害を抑えようという
姿勢が見られていますね。

これらの対応が
取り越し苦労で終わり
あっけなく台風24号が
過ぎ去ってくれればいいのですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする