スポンサーリンク
スポンサーリンク

司法試験を最年少19歳で合格した少年の素顔や最高齢で突破した人の素顔は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月11日に
難関国家試験
司法試験を突破した人達が
発表されました!

司法試験
資格難易度ランキングでは
常に1位となっており
非常に難解なことで
有名ですよね!

何十年も受け続けて
いる人もいるくらいです。

合格者数は?

2018年は
受験者5238人に対し
合格者は1525人でした。

合格率は29.1%

さすが国家資格
低いですね!

合格者の目標値の
1500人は去年に
引き続き上回っています。

受験者の平均年齢が
19〜68歳で
平均28.8歳の中

なんと19歳で
司法試験を突破した
人がいるとの
ニュースが!!!

最年少の合格者はどんな人?

合格率30%以下の
今年の司法試験を
なんと19歳で突破した
人がいました。

その詳細は不明ですが
19歳ということですので
おそらく大学生だと思われます。

司法試験の
現役合格率が高い大学と
いえば、
東大生、京都大、慶応大
早稲田大名度が
挙げられます。
この中のどこかにいる
1回生なのでしょうか?

司法試験を受験する
男女比は約
男:女=3:1

となっているので
19歳は男性である
可能性が高いですね。

SNSで探してみましたが
顔などの画像は
出ていませんでした。

逆に最高齢合格も!

今年に19歳の若者が
素晴らしい結果を
出したと思えば
昨年は73歳で
司法書士試験を突破するという
猛者も誕生していました。

19歳で合格するのも
すごいですが
73歳で司法書士試験を
突破するのは

肉体的にも、精神的にも
大変なことだと思います。
どうしても歳をとると
記憶の定着も鈍りますし
体力的にも長時間の
座学はきつい・・・

しかし、この73歳の
男性はそれを
はねのけてやってみせて
くれました。

素晴らしい!!!
一体何回受験した
のでしょうか?

最高齢受講者は何回受験した?

この73歳の合格者は

伊藤忠男さんという方で
元々は、PCソフト開発の
SEさんで経営も行っていた
方でした。

つまり、法律を学んだことも
なく法律とはほぼ無縁の
状態だったと言います。

しかし、実は
幼いことは法律家に
なりたいと夢を持っていた
そうなのですが
家庭の事情からそれを
断念せざるを得なくなって
しまったそうです。

自分の仕事に
打ち込むことで
その夢は忘れていたそう
なのですが
伊藤さんの
「一生懸命に生きて
後悔しない人生を」という
人生観から
幼い頃からの夢であった
法律家を60歳を過ぎた頃から
目指し始めたと言います。

そして60歳過ぎから
勉強して73歳にして
司法試験を
突破しているのです!!!

それまでに受験した回数は
なんと8回!

何歳になっても
全く未経験でも
チャレンジしていけば
やりたいことはやれる!
勇気を貰えますよね。

まとめ

最年少で司法試験を
突破した19歳の大学生と

73歳で司法書士試験を
突破した元SEのおじさん
どちらも凄くて努力家で
目標を持って進んでいる
のに感動しますよね!

個人的には
60歳で昔の夢を
思い出して、それを
追いかけた伊藤さんの
かっこよさに痺れました!

8回も受けているという
ことは8年間ずっと
勉強をし続けていたということです。

8年間頑張り
続けられるほど
好きな、やりたいことが
見つけられるというのは
とても幸せなことだと
思いました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする