スポンサーリンク
スポンサーリンク

見た目は可愛いけど実はかなり危険なアライグマが東京にも増加中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、あまだれです!

本日は一見可愛いけど
実は恐ろしい”彼ら”の話題です!

彼らの危険性や
対策についてまとめました!

知らないと死のリスクあります。

実はかなり危険なアライグマ!

アライグマって見た目が
かなり可愛いですし
アニメや漫画のマスコット的な
キャラクターに使用されることも
多いですよね!

動物園などでも見ることが
できるので、割と身近な存在
だと感じられるのではないでしょうか?

そんな可愛らしい一面とは
裏腹に、実は人間にとって
かなり危険性の高い動物
なんです!

アライグマの危険性3選とは?

致死率ほぼ100%『狂犬病』

狂犬病という名前は
聞いたことがあるのでは
ないでしょうか?

ほとんどの哺乳類は
狂犬病にかかると短期間で
死んでしまいます。

しかし、アライグマは
狂犬病にかかっても
長く生きることが
できるようです。

狂犬病がこんなにも
世界中に広まっているのは
アライグマの影響もあるのでは
ないかと言われているほどです。

アメリカではアライグマを
感染源とする狂犬病に対して
非常に強い警戒がされています。

現に、中国では狂犬病により
年間2000人が命を落としています。

脳に神経障害を運ぶ『寄生虫』

これはアライグマ回虫と呼ばれ
アライグマの小腸に存在する虫です。
これが人体に入ると脳神経障害
起こします。
アメリカではこれで死亡した例もあります。

ちなみに、日本の動物園で
飼われていたアライグマを
調査したところ40%の
アライグマにこの回虫が
存在していたそうです・・・

怖すぎ!!!!

もしアライグマが近くにいたら
必ず手を洗いましょう!

ちなみに小腸にいる虫なので
アライグマのフンも危ないです。

危険な感染症になる『マダニ』

マダニといえば
アヴィリルラヴィーンが
患ったライム病の感染源として
有名です。

しかし、マダニは他にも
たくさんの感染症を運ぶと
言われており
もっとも避けたい存在です。

国内でもマダニによる
感染症で死亡例もいくつか
上がっています。

えっ、アライグマのせいで犯罪者に?

これだけ危険なアライグマ
農作物も嵐ますので
見つけたらすぐに捕まえて
処分したいと思いますが

アライグマは
法律で定められた
特定外来生物です。

実は鳥獣保護法で
狩猟鳥獣に指定されています。

つまり、法律に従った
処分が必要なのです!

もし、あなたが知っていても
知らなくても法律ですので
勝手にアライグマを
捕まえて処分してしまうと

あなたが法律に処される
可能性があります!!!

まさか!ですよね笑

どんな対策をすればいいの?

僕たち一般人が
アライグマを見かけたら
不用意に近づかずに
行政か保健所に
連絡をしてください。

アライグマは
直接触れても
アライグマが通った道でも
アライグマのフンでも
上記で挙げた
感染のリスクがありますので
死にたくない人は
アライグマに近づかない方が
吉です!!!

どんな足跡か覚えておくと
リスクを減らすことができますね!

可愛いからって
無知で近づくと
痛い目にあいますので
ご注意くださいね!

まとめ

見た目は可愛いので
見つけたら触りたくなって
しまうかもしれませんが
上記でもお伝えしたように

人間にとって
かなり危険な存在ですので
足跡や姿を見つけた場合は
無理に接近しないように
気をつけてください!

日本全国で増えまくっている
ので、見つけたら
すぐに保健所や行政に
電話をかけて
プロに任せてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする