スポンサーリンク
スポンサーリンク

【動画あり】本田新監督の初采配!初戦ホームのマレーシア戦が敗北となった原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんちには、あまだれです!

現地時間10日
カンボジア・プノンペンにある
ナショナル・スタジアムで
カンボジア代表対マレーシア代表
親善試合が行われました!

本田新監督の初戦とあり
注目度は高かったのですが

結果としては
1-3でホームのカンボジアは
敗れてしまいました。

注目の本田監督の
采配と得点シーン
試合の流れをまとめて
みました!

どんな試合展開だったのか?

本田監督は終始ピッチサイドに
立ち積極的に選手に指示を出して
いました。

試合展開は
開始直後からハイプレス
カンボジアがマレーシアより
高いポゼッションを奪っており
カンボジアペースだったようです。

そして、前半18分に
左サイドからのクロスに
DFソエイ・ビサルが
左足で豪快にボレーを
放ちマレーシアゴールを
揺らしました!

カンボジアの先制です!

本田監督の初陣での
ゴールはDFのボレーに
よるものでしたね!!!

前半は、カンボジアが
終始優位にプレイを
続けリードした状態で
試合を折り返しました。

後半もノリに乗っている
カンボジアのペースが
続きましたが
数回のチャンスをものに
できず次第にペースが崩れ
始めました。

すると62分でした
右サイドからのクロスに対し
ゴール前が混戦となり
相手DFにシュートを許し
同点となってしまいました。

ここで本田新監督が動きました。
同点の場面で勝ちにこだわった
本田監督は
攻撃的な選手を2名投入!

流れが変わるかと思われましたが
73分、92分とマレーシアに
得点を許してしまい
1ー3と逆転負けを許して
しまいました。

【動画】カンボジアの得点シーン

吹かさずにうまく
合わせたボレーシュートですね!!!

本田選手だったら
逆にふかしてるかも笑

本田監督の采配と敗因は?

試合をみてみると
カンボジアはマレーシアに
比べ終始ポゼッションを
高くキープしボールは
コントロールしていました。

肝心な部分での
決定力がなく
追加点を決めきれない状態が
続いたせいで
マレーシアに逆転を許して
しまいました。

前半からハイプレスで
マレーシアに仕掛けて
いったツケが後半に
まわってきたようでした。

ポゼッションはあるけど
得点が取れない・・・
なんだか似てるチームを
知っていますね笑

まるで調子の悪い日本代表
のような試合展開でした!笑

本田新監督は
この試合で6名の
選手交代を行なっています。

親善試合ですので
選手を実践で試す
機会だと捉えていたの
かもしれませんね!

本田の事ですので
もちろん勝ちには
こだわっていたと
思いますが…

いずれにせよ
初陣は悔しい敗北と
なってしまったので
次は勝利を飾って
もらいたいですね!!!

まとめ

本田新監督の初陣でしたので
注目していましたが
マレーシアに逆転負けを
食らってしまいました。

マレーシアとカンボジアは
過去に9回戦っており
カンボジアは
0勝、1分、8敗
なんと40失点しています!

本田監督を
庇うわけではないですが
相性が悪いようですね笑

今回は初陣ですし
本田も選手との兼任なので
カンボジア代表選手との
コミュニケーションも不足している
と言わざると得ないでしょう。

今後、もっと密接な関係を
築いていきカンボジアサッカーに
貢献していって欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする