スポンサーリンク
スポンサーリンク

まるで若島津健!新GKシュミットダニエルはどんな人物?意外にも苦労人だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

森保ジャパンに新しい風が!

FWとGKをこなす
まるで『キャプテン翼』
若島津健のようなプレイヤー
シュミットダニエル
森保ジャパンの新GKに選ばれました!

身長197cmと歴代GKの中では
最も高身長なGKとなります!

実は、意外と苦労人である
シュミットダニエル選手の
・経歴
・家族関係
・プレイスタイルに
迫っていきます!

シュミット選手はどんな選手?

シュミットダニエル選手の
プロフィールを簡単にご紹介します。

生年月日:1992年2月3日
出身地:アメリカ・イリノイ州
出身高校:東北学院高校
出身大学:中央大学
身長:196cm
体重:90kg
所属:ベガルタ仙台
国籍:日本

名前からすると
外国人のようですが
2歳の時にイリノイ州から
宮城県に移住しています。

生まれがアメリカなので
名前も日本人っぽくないのでしょう。

アメリカ人の父と
日本人の母をもつ
ハーフのシュミット選手!

やはり、アメリカの血が
身長196cmという高身長に
育ててくれたのでしょう!

気になるプレイスタイルは?

冒頭でもお伝えしたように
シュミット選手は
キャプテン翼の若島津健のような
選手だと言われてます。

GKとFWができる!ってやつです笑
足下が上手いGKはあまり
いないので貴重ですね!

シュミット選手は8歳から
東北でサッカーを初めており
中学まではMFを務めていたそうです。

その身長を生かすために
高校からGKに転向しました。

8歳から15歳まで
MFをやっていたおかげで
足下のテクニックが培われたのですね!

ちなみに
小学5年生までは
ボールテクニックを磨く
ゴールデンエイジと言われています。

サッカーにおいては
この時期にボールを扱う技術を
練習した選手は
その後のボールスキルに
かなりポジティブな影響を与えると
言われています!

シュミット選手はまさに
ゴールデンエイジの頃に
ボールスキルの技術を磨いた
おかげでGKに転向してからも
足下の技術が高い状態を
保っていられるのだと思います!

シュミット選手には元MFという経験を
生かしたフィード力があります。

現代サッカーでは
GKから攻撃が始まっています。

ロシアW杯でも
GKからの正確なフィードが
得点に繋がっているパターンが
たくさん見られましたよね!

そのフィード力と世界基準の
身長が森保監督の目に
留まったのでしょう!

森保ジャパンでも
繋いで崩すサッカーを戦術に
おいていると思いますので
活躍の機会があると思います。

シュミット選手は結婚してる?

サッカー選手といえば
モテるってイメージがあると思います。

長友選手の奥さんは芸能人
本田選手の奥さんはめちゃ美人

羨ましい!笑

シュミット選手は高身長でハーフ
イケメンの要素満載ですので
当然モテるはず!

まだ若いので
さぞかし遊んでいるのかと
思いきや・・・

実は23歳の頃に一般人女性と
結婚しており
女の子を授かっています!

23歳で結婚とは
すごく早い印象がありますね。

早いうちから
一家の大黒柱だったのですね!

まだ若いので
日本代表に選ばれてから
人気が上昇して
不倫!発覚
とかならなければいいですが笑

意外と苦労人だった!

196cmで元MF
足下もうまくてフィードも正確!

こんな漫画のような選手である
シュミット選手ですが
実はかなり苦労して代表まで
登ってきています!

シュミット選手は東北学院高
中央大を経て2014年に
ベガルタ仙台でプロ生活をスタートしました。

しかし出場機会は訪れず
14年、15年と2度
J2熊本へのレンタル移籍
経験しているのです。

16年には初めて
1年間のレンタル移籍をして
松本でプレイをしていました!

この3度の移籍で
試合数を重ねた
経験値をたくさん積み
2017年に
ベガルタ仙台に戻ってきました!

これだけのスペックが
ある選手であれば
早くから活躍してそうでしたが
意外と苦労をしていたのですね。

この苦労があるからこそ
ハングリー精神が培われ
日本代表に選ばれるくらいの
能力にレベルアップできたのでは
ないでしょうか?

まとめ

リアルキャプテン翼である
シュミット選手の経歴や
家族構成、苦労について
お伝えしてきました!

実は結婚しているなどの
意外性もありましたが
シュミット選手が苦しい時期も
奥さんと共に乗り越えてきたことが
今回の代表選出に繋がったのだと
思います!

その正確やフィードと
高身長を生かした
セービングを日本代表を
強くするために存分に
使って欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする