スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ韓国の学校でコーヒーが禁止に!コーヒーは体に悪いの?健康への影響を調査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お隣の韓国で新しい規制が!

なんと、小中高の学校での
コーヒーの販売が全面的に禁止と
なったのです!

実は、韓国では2013年
カフェインを取り過ぎないように
学内で児童や生徒に販売する
ことが禁止されていましたが
教員用の自動販売機から
購入する生徒が多く
抑止力になって
いなかったそうです。

そこで、今回の規制に
乗り出したようです!

なぜ韓国ではコーヒーが規制される?

なぜ韓国では学生による
コーヒーの摂取が
規制されているのでしょうか。

韓国の報道によると
学生たちは、勉強する際のに
眠気を抑えたり集中力を保つために
コーヒーやエナジードリンクで
カフェインを摂取しているとのこと。

韓国では偏差値や大学が
その後の進路を決定づける
大きな要素になっていますので
遅くまで勉強して成績を上げるために
カフェインで睡眠を削っている
のでしょう。

ちなみに
韓国貿易協会によると
韓国は世界7位のコーヒー輸入国で
韓国人は1年に平均512杯の
コーヒーを飲んでいるそうです!

1日約2杯程度ですので
多過ぎ!って
訳ではないですね。

ちなみに世界で最も
コーヒーを飲んでいるのは
ルクセンブルクです。

なんと、その量は
1日あたり約8杯だそうです!

これは僕の感覚だと
飲み過ぎですね笑

しかしルクセンブルグの寿命を
見てみると平均寿命は81.3歳
国民全体の
高血圧の割合も低いです。

1日8杯飲んだからって
コーヒーの影響は関係ない?

カフェインって体にいいの?

最近ではアメリカでコーヒーに
含まれるアクリルアミドという
物質に発がん性があると騒がれました。

しかし
コーヒーを1日に3〜4杯飲めば
総死亡リスクが10〜20%下がる
報告されているデータもあります。

コーヒーには以前から
心臓病や大腸癌を抑制する
働きがあると言われていますが
実際はどうなのでしょうか?

徹底的に調査していきます!

コーヒーの健康作用とは?

コーヒーには様々な
健康作用があると言われています。

世界中で色々な研究がされ
たくさんの報告が見られていますが
ネガティブな報告や
ポジティブな報告が
混ざっています。

どちらが正しいのか?
という議論は
研究方法によっても
異なるので一先ず
置いておきましょう。

そこで今回は
ネガティブな報告も
ポジティブな報告も合わせて
お伝えしていきます!

2型糖尿病のリスクが下がる?

コーヒーの摂取は
カフェインの有無に関わらず
2型糖尿病のリスクを
低下させることが報告されています。
しかし、このメカニズムは未知であり
今後の研究が待たれる分野でもあります。

またコーヒーの摂取は
含有するカフェインによる
胃酸分泌亢進効果によって
消化性潰瘍を引き起こす
成因になりうると
言われていましたが
2013年の研究では
消化性潰瘍へ
コーヒーの摂取は
影響しないということが
報告されています。

数年で真逆の報告になるのですね。

カフェインと脳卒中のリスク

カフェインの過剰摂取は
循環器症状(不整脈や循環不全)
中枢神経症状(興奮、痙攣)などが
挙げられます。
そこで、血管系の代表的な
疾患である脳卒中について
いくつかの報告をご紹介します。

喫煙男性において
1日8杯以上の
コーヒーを摂取する群は
しない群に比べ
脳梗塞発症のリスクが
23%低下する
報告されています。
喫煙していない
女性においては
1日4杯以上の
コーヒー摂取により
脳卒中発症のリスクが
43%低下する
報告されています。

この効果は
カフェインあり・なしに
関わらず認められています。

これを見る限りでは
コーヒーは飲んだ方が良さそう。

カフェインと血圧の関係

カフェインは
交感神経系を活性化するため
短期的にはコーヒーの摂取は
血圧を上昇させます。

コーヒーの摂取が高血圧発症に
及ぼす長期効果については
散見されていますが
習慣的な摂取では
反対に血圧上昇を
抑制するという報告も
聞かれています。

しかし、別の研究では
コーヒーの習慣的な摂取では
血圧の上昇を認める
とする報告もあります。
ただし、この研究では
BMIが高い人(肥満傾向)で
よりその傾向が
顕著に見られていた
としています。

おそらく血管の硬さに影響を
及ぼしているのだと思います。
そのため、肥満傾向の人に
その傾向が顕著に見られた
のではないでしょうか。

肥満傾向の人は
血管が硬くなりやすいですからね。

コーヒーを飲むと息が臭くなる?

コーヒーを飲んだ直後は
コーヒーのいい感じの
香りがしていますよね!

しかし2時間を経過すると
口臭ガスが発生することが
わかっているのです。

そのメカニズムとしては
コーヒーの摂取により
カフェインが
口腔乾燥を引き起こして
唾液の抗菌作用が
低下することで
細菌が増殖し
口臭ガスが発生するようです。

もしここに砂糖や
ミルクなどが加えられると
細菌の栄養源となり
細菌由来の口臭を
増悪させる恐れがあるそうです。

もし飲むならブラック!
それか飲んだら歯磨きですね笑

まとめ

韓国での学生に向けた
コーヒー禁止の規制ですが
根本の原因としては
カフェインの過剰摂取にある
のではなく
集中力が保てないことや
夜遅くまで
勉強をしないといけない
という環境にこそ
あるのではないでしょうか。

現に2013年に
規制がかかった際も
あまり効力を発揮できていない
ようですので
その二の舞にならなければ
良いのですが・・・

韓国のシステムが
学歴至上主義から
変わらない限り
このイタチごっこは
規制をしても永遠に
終わらないのでは
ないでしょうか?

そしてコーヒーの健康作用に
ついてはポジティブな報告も
ネガティブな報告も多くあります。

同じテーマであっても
反対の結果になったり
数年後に反対の結果が
報告されたりしているので
一概にはコーヒーが
体に良い!や悪い!とは
言うことはできません。

おそらく被検者になっている
人間の体質やストレス耐性なども
影響してきているはず
ですので、この問題に
答えは出ないのでは
ないでしょうか?笑

ですから
情報に流されるのではなく
自分がコーヒーを飲んだ時と
飲まなかった時の体調を
よく観察して
自分にとって
コーヒーが合うのか?
合わないのか?を
しっかりと見極めること
大事なのではないでしょうか。

ちなみに、世界で最も
コーヒーを飲む
ルクセンブルクの人達は
平均寿命も高く
高血圧者も多くないので
コーヒーをたくさん飲んでも
早死にはしないようなので
安心してください笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする