スポンサーリンク
スポンサーリンク

塚原夫妻の反論と矛盾・音声データ提出へ!体操パワハラ問題はどうなる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今もっとも世間を賑わせているのは
この、女子体操パワハラ問題ですよね!

数ヶ月前に、ボクシングのドンの
やりたい放題が明らかになり
取り巻きを含め退任に追い込まれました。

今回もアマチュアスポーツ界での
出来事です。

やはり、体操の世界にも
塚原千恵子・光男夫婦というドンがいましたね。

塚原夫婦は二人とも
体操界での重役ということで
かなり発言権は強かったことが伺えます。

山根会長といい
塚本千恵子強化本部長といい
キャラクターはやはり強めですね。

塚原千恵子さんの発言の真意は?

またしてもキャラクターの濃い
『ドン』が現れましたね。

会見では、冒頭で宮川選手への
謝罪から始まりまり

塚原千恵子さんが発言した
とされることについて弁明が行われました。

『あのコーチはダメ、私なら100倍教えられる』

まずはこの発言についてですが
塚原さん側は
速水コーチに暴力行為があったため
『あのコーチはだめ』という発言をした
と話しています。

『私なら100倍教えられる』に関しては
その発言自体をしていないと話しています。
本当か嘘かわかりませんが
宮川選手が多少盛っている可能性も
否定はできませんね。

『五輪に出られなくなるわよ!』

この発言に対しては認めていますが
宮川選手の直近の成績や怪我を踏まえた
発言だったと説明しています。

そう言われてしまえばそう捉えることも
できますが、宮川選手の状況を考えると
協会幹部からの政治的な圧力に
感じてしまうのは仕方のないことなのでは
ないでしょうか?

『宗教みたいね』

これは、速水コーチの暴力事件が
発覚した後に宮川選手の今後について
話し合った際に、宮川選手が
「もう一度家族ともども速水コーチと
一緒に練習していきます」と発言した
際に、言われた言葉だそうです。

塚原千恵子強化本部長は
洗脳に近いような意味をさして
「宗教みたい」と発言したと認めており
これに関しては、謝罪をしています

塚原さんの弁明を聞くと解釈によっては
そこまで矛盾している感じは受けませんが
あの態度はおかしい感じはしますね笑

とりあえずは
言った言ってないの水掛け論ですので
第3者委員会で公正に決着をつけるのが
妥当な落とし所ではないでしょうか。

ドンたちの経験不足

塚原光男さんの
「全部うそだ」という発言も含めて
塚原夫妻は
メディアに慣れていないということも
十分に考えられるのではないでしょうか。

これを言ったら、どう捉えられるのか?
という思考が不足しているように思えます。
要するに、普段から
相手がどう感じるか?という視点が
抜けているのではないか。
と考えざるを得ないです。

だからこそ
『ドン』なのかもしれないですね。

ボクシングの山根会長もそうでしたし。

このような発言もしてしまうあたり
大きな組織の幹部とは思えない
子供っぷりですね。

塚原強化本部長の音声データ

塚原強化本部長は
音声データの一部を弁護士を
通じて提出しています。

これに関しては
会話の内容を聞いてもらい
高圧的ではないということを
わかってもらいたいと話しています。

そもそも、なぜ録音していたのか?

宮川選手が弁護士を立てて
争っているような状況だったので
念のため録音したと話しています。

そもそも、提出した目的として
高圧的ではないことを証明するためと
話していますが
証明する側が録音していたら
普段より気を使って
話すことは間違いありません。

その音声データを聞いたからといって
普段から高圧的ではない!という証拠には
ならないと思いますが…

まとめ

今回の騒動も体操界のドンが
表に出てきました。

アマチュアスポーツに限らず
どんな業界にもドンと呼ばれる人は
いるのでしょうが、スポーツの世界では
上下関係が特に厳しいので
逆らえないという風潮があるのだと
思います。

おそらく、今回の騒動も
先月の山根会長の件が
あったことで
選手側も泣き寝いりするのではなく
暴露して戦う!という
姿勢を取れたのだと思います。

どんな結果にせよ
業界の古い体質に
縛られてしまうとその業界は
進歩が限られてしまうので
膿は早いうちに出した方がいいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする