井上大仁が愛用のシューズはどこのメーカー?値段も含めて徹底調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

井上大仁(25)が
ジャカルタ・アジア大会で
32年ぶりとなる金メダルを獲得!

以前から、逸材だと言われていた
井上大仁選手ですが
その、強さの秘密は
どこにあるのでしょうか?

井上選手が愛用している
シューズを調べて見ました!

愛用しているシューズにも
井上選手の強さが隠されている
のかもしれない!

井上大仁がアジア大会で金メダル

「金メダルを狙う!」
男子8大会ぶりの頂点をとる
という決意を発表していた
井上大仁選手でしたが

宣言通り
ジャカルタ・アジア大会で
2時間18分22秒で走りきり
見事、32年ぶりとなる
金メダルを獲得しました!

どんなシューズを履いてる?

今回のアジア大会では
金メダルを獲得しています。

そんな井上大仁選手を支える
シューズはどこのブランドなのでしょうか?

公式には公開されていませんが
店舗に井上大仁選手が使用している
シューズと同じモデルがありました!

井上大仁選手は
アシックスを愛用しているんですね!
やはり、日本人の足には
アシックスがいいのかもしれないですね。

ただ、井上大仁選手のシューズは
アシックスのオーダーシューズですので
個々人に最適化された履き心地に
なっているのでしょう。

マラソンにおいてシューズは
最も重要なアイテムですので
世界で活躍する井上大仁選手が
こだわって選んだものですので
もし、マラソンのタイムを上げたい
もっと楽に走りたい!という方は
店頭で試し履きをして
みてはいかがでしょうか?

井上大仁選手と
全く同じものは販売されて
いませんが、近いモデルに
SORTIEMGIC RP4という
ものがあります。

お値段は税込12,999円となっています。
井上大仁選手は黒を履いていましたが
こちらには青のバージョンもあるので
色を変えてもいいかもしれませんね!

井上大仁選手の強さの秘密

全くの無名だった
井上大仁選手を有名にしたのは
2017年の東京マラソンです。
この東京マラソンで井上大仁選手は
日本人選手の中で
トップの8位でゴールしました。

好成績を収めた
東京マラソンでしたが

井上選手は
ただ、がむしゃらに走っていた
わけではないと話しています!

自身の最終タイムを2時間7分に設定し
5kmを15分前後のペースで刻みつつ
走るという走り方を実践していたそうです。

この時の東京マラソンでは
集団のペースが早く
5kmで14分15秒という
自身で決めたペースよりかなり
早いペースで走っていたそうです。

集団が早いと
置いていかれない
ように自分のペースも
上げてしまいますよね。

しかし、井上大仁選手は
このままではマズイと判断し
自らの判断で
ペースを落としました。

集団の選手が
自分を抜いていくのを
我慢しながら
自分のペースを
守りながら走った言います。

一度は抜かれましたが
自分のペースを守ったまま
走り続けた井上大仁選手が
日本人トップでゴールとなりました。

この出来事で
井上大仁選手は
「今、起きている現実に
びっくりしています」と
結果を喜んでいました。

よく、目標達成の技術などで
目標を決断し
期限を決めて、
計画を立て
その通りに実行するという
考え方がありますが

この時の
井上大仁選手が行ったことは
まさに、これですね!

2時間7分で走ると決断したことで
5kmを15分前後のペースで刻んで
走ると計画を立て
他の選手が
ハイペースで走っている中でも
自身の判断でペースを落とし
決断した5kmを15分で走る
という計画を
行動に移したのです!

だから、井上大仁選手は
東京マラソンという舞台でも
日本人トップという成績を収める
ことができたと思います。

このような考え方に
井上大仁選手の強さが隠されている
のではないでしょうか。

目標達成の技術はこちら↓から

まとめ

井上大仁選手がアジア大会で
32年ぶりの金メダルを獲得しました。

その陰には、ゴールへの
考え方とそれを支える行動力が
備わっていることがわかりました。

強力な目標達成の技術を
持っているのかもしれません。

そんな目標達成の技術は
こちらをご参照ください!

井上大仁選手は
世界と戦うランナーですが
マラソンが日課の方や
これからマラソンに
チャレンジしていきたい
一般ランナーにとっても
足を守るという意味で
しっかりとしたシューズを選ぶことは
非常に大切です。

井上大仁選手が金メダルを
獲得したことを機に
新しいシューズを購入して
みてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする