スポンサーリンク
スポンサーリンク

~自分の呼吸を知る~ もっと深く自分の呼吸を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

~自分の呼吸を知る~ ご存知ですか? 自分の呼吸って…

o0736051113863348389.jpg

今回は、自分の『呼吸』を知る「トレーニング」です。


<目的>
簡単な呼吸チェックで得たものより詳しい情報を集めることです。
「自然な呼吸」をただ感じてください。
どんな呼吸が正解か不正解なのか?という考え方は捨ててください。
全く何も感じない場所があれば、そこを感じてください。
<やり方>
楽な休憩のポーズや自分の好きな姿勢で始めます。
片手をへそのすぐ下、もう片方を胸の中心に当てます。
これからする質問を自分のカラダで感じてください。
呼吸の位置
息の動きが一番わかるのはどこでしょうか?
腰より上ですか?下ですか?
その場所が感じられたら、手を両脇におろし腰から30cmくらい離します。
手のひらは上に向けます。
呼吸の源
地震に震央があるように、呼吸にも震央があります。
息はどこから始まっているのでしょう?
呼吸の頻度
呼吸はせわしないでしょうか? ゆっくりでしょうか?
どちらでもないとしてもどのくらいでしょうか?
1分間にどのくらいか数えてみましょう!
ちなみに、1分間に12~14回が標準と言われています。
呼吸の配分
吸う息の長さと、吐く息の長さにはっきりした違いがありますか?
それとも同じですか?
呼吸のきめ
呼吸のきめはなめらかですか?ムラがないですか?
それとも滑らかでムラがないですか?
呼吸の深さ
呼吸は深いと感じますか?
それとも浅いですか?
<楽な姿勢のポーズ>の最中では、静かな呼吸になっているのが普通ですから、答えを探してわざわざ大げさに呼吸をしてみるのは避けてください。
呼吸の質
呼吸の質を言葉で表すとしたらどうなりますか?
空気を圧縮する感じ? 不自然な感じ? 大波がうねる感じ?などなど。
どんな言葉やイメージが湧いてもそれは、不自然ではないのです。
大事なのは、自分自身が呼吸についてどう感じるか?なのです。
自身の呼吸から連想されるイメージはなんですか?
ちなみに、僕の場合は「拡散して上昇する感じ」でした。
ちょっと意味わからないですよね笑
でもこんな感じでいいと思います。

トレーニングをやっていく中で呼吸への意識が高まり徐々に変化してくると思います。

呼吸に集中するというのは、エネルギーを要する作業なので、
2~3分休憩してから、まず横向きになって起き上がりましょう!
いま観察したことをメモにまとめておくこともいいと思いますよ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする