AKB48の岡田奈々が病気?実は声帯結節手術を受けていた!復帰時期は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AKB48兼、STUのキャプテンを務める岡田奈々が
声帯結節の手術を受けていたことを明らかにした。

岡田奈々さんは以前から、喉の調子が悪く
病院に診察にいったところ、声帯結節と診断されたそう。

・声帯結節とはどんな病気なのか?
・復帰はいつ頃になるのか?
・声帯結節と機能性低血糖症の関係性
などについて調べてみました。

AKB48の岡田奈々が手術に

AKB48に所属しつつ、STUというグループのキャプテンを務める
岡田奈々が声帯結節と診断され手術を受けたと発表した。

岡田奈々さんと言えば、
選抜総選挙の際に、自身が『機能性低血糖症
であることを発表しSNSを賑わせたことが記憶に新しいと思う。

今回は、それとは別の病気の声帯結節だ。

機能性低血糖症と声帯結節に関係性はあるのか?

機能性低血糖症について簡単に説明すると
血糖値が低くなってしまう病気で
糖からエネルギーを作る機能がうまく働かない状態のことです。

機能性低血糖症になると
体のだるさや、疲労感、頭痛、眠気などが
症状として感じられると言います。

これらの症状が機能性低血糖症であるということに
気づかないで、悩んでいる人達が多くいるのが現状です。

医学的には、機能性低血糖症と
今回岡田奈々さんが発表した声帯結節との直接的な関係性はないそうです。

機能性低血糖症は
放っておくと、『糖尿病』や『統合失調症』になるので
上記の症状でお悩みの方は検査を受けてみることをオススメします。

ちなみに、機能性低血糖症になりやすい人は
お菓子や清涼飲料水をたくさん摂取している方です。
つまり、砂糖を大量に摂取していると罹りやすい病気なのです!

心当たりがある人は注意してくださいね。

声帯結節手術ってなに?

声帯結節って初めて聞いた人も多いのではないでしょうか?

声帯結節とは
声帯の前1/3と中1/3の問に発生する小さな結節状の隆起性病変であり
声の過剰使用による声帯の外傷に起因するとされている。
成人では圧倒的に女性に多く(94.5%)声を職業的に酷使する人(歌手,教師,僧侶など)に多いことが知られている。
ストレスや性格などの心理的因子が関係することが示唆されている。

これらから考えると
AKB48であり、グループのキャプテンを務める岡田奈々さん
もちろん、女性であり声を酷使する職業に当てはまっている。
また、キャプテンという立場であることから
精神的なストレスを大きく受けることも容易に想像できます。

では、同じキャプテンという立場である
他のAKBメンバーがみんななっているか?というと
そうではない。

岡田奈々さんが特別、頑張って発声の練習をしていた!
と言ってしまえばそれまでだが、
過去に発表した『機能性低血糖症』と関連づけて考えると
その理由が見えてくる。

医学的には声帯結節と機能性低血糖症の直接的な関係はないが
症状と特性を考えていくと、この2つが無関係であるとは考えにくい。

機能性低血糖症とは
放っておくと、統合失調症などの精神疾患を羅漢すると言われている。
岡田奈々本人の話の中でも、機能性低血糖症と診断され
そこから摂食障害、過食おう吐を引き起こしていたという。

多少なりとも、メンタル的な影響を受けていることがわかる。
それに、性格的にはも真面目すぎるアイドルとも言われている彼女。

このような部分から考えると
元々の真面目という性格と
機能性低血糖症の症状からくる精神面の影響
声帯結節を引き起こす大きな要因となったのではないだろうか。

今後の活動や復帰時期は?

声帯結節の手術を受けた岡田奈々さんですが
ファンの方々が気になるのは、復帰の時期ですよね。

もちろん、無理はして欲しくないですが
早く元気な姿が見たいですね!

今回、無事に手術が終わったので
あとは喉を酷使しないように安静にする期間が必要です。

一般的に、傷の治りも考えると
順調に回復して約1ヶ月後になると予想されます。

AKBといえば、ステージでのパフォーマンスが多いと
思いますので、確実に治ってから復帰すると考えると
1.5〜2ヶ月くらいが目処だろ考えられます。

ファンとしては1日でも早く元気な姿がみたいですが
また長く活躍してもらうためには、ゆっくり確実に治して欲しいですね!

まとめ

AKB48兼STUのキャプテンを務める岡田奈々さんが
声帯結節の手術を受けていました。

過去にも、機能性低血糖症であることを発表している彼女ですが
性格的には真面目すぎるアイドルとも言われているので

歌や踊りの練習にストイックになりすぎたことも
声帯結節の原因の1つであると考えられます。

それに、機能性低血糖症の影響も少なからずあると思いますので

今回の休養中に、声帯結節と機能性低血糖症の治療を
両方しっかり行って、また元気な姿を見せてもらいたいですね!

1〜2ヶ月後の岡田奈々さんの活躍を楽しみにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする