メッシがアルゼンチン代表を引退か?活動休止の理由に迫る! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年ロシアW杯も終わり、落ち着いてきた本日
衝撃のニュースが発表された!

なんと、アルゼンチン代表のリオネル・メッシが代表を引退する
というニュースだ。

正確には、2018年の代表での活動休止とのことだ。

世界トッププレイヤーのメッシに
いったい何があったのか?
真相に迫ろうと思います。

メッシが代表引退を発表?

ロシアW杯のアルゼンチンといえば
ベスト16で終わってしまう無念のW杯となった。

アルゼンチン代表といえば、数々のビッククラブで
活躍するスター選手が多いが、個人的には
代表ではうまく歯車が回らない印象が強い。

代表的なのがメッシだ。

バルサでのメッシはチームの一人として
機能してるのだが、代表戦となると
チームの1部として機能しているとう印象は薄い
メッシがボールを持つことで何かしてくれそうという期待感は
とても感じるのだが、周囲との連携が不十分な印象を受ける。

そんな、メッシだが過去にも何度か代表引退を
発表してきた。
そんな中で、監督や周囲の声に引き止められ
その都度、代表引退を撤回してきた。

しかし、今回の意志は固いようだ。
アルゼンチンは
ロシアW杯後にホルヘ・サンパオリを解任し
リオネル・スカローニを暫定監督とした新チームが
始動したが、メッシはスカローニ監督と話し合った結果

2018年に残している親善試合にメッシが出場する事はない
という決断に至った。

グアテマラ戦・コロンビア戦は欠場
10月に行われるブラジルとの戦いにも出場しない見込みです。

メッシ対ネイマールが見れない!!!

2019年はどうなる?

メッシは2018年現在で31歳だ。
今まで、4度のW杯を経験している。

今回代表の引退発表をしたことで
今回のロシアW杯が最後となってしまったのだろうか?

しかし、気になるのは2018年は代表に出場しないという点だ。
代表を完全に引退したのではなく、2018年は引退という不思議な
状態になっている。

これは、メッシの中でアルゼンチンで勝ちたいという気持ちが
あるのではないだろうか。

ある情報によると
2019年にスカローニの後の正式な監督が決定次第
メッシに新たなプランを提示する事になりそうとのこと。

そこで、再びメッシが決断するだろう。

2018年の残りはメッシを見れませんが
もしかしたら、2019年はアルゼンチン代表のメッシを見ることが
できるかもしれません!

次のチームでは、メッシに過剰な負担がかかるような
システムではなく、いい意味でチームのピースとして
生きるようなシステムになるとメッシも活躍しやすいのではないでしょうか。

もし、メッシが2019年から代表復帰して
W杯を目指すとしても
次のW杯ではメッシは35歳
サッカー選手としては体のキレも落ちてくるだろう。
どのような決断を下すのかはメッシ次第だが
個人的には、アルゼンチン代表で活躍するメッシを見たい!

まとめ

アルゼンチン代表のリオネル・メッシが代表引退を発表
実際には、2018年は代表戦に出場しないとのことだが
その真意は計りかねる。
以前から、代表引退は何度か発表されてきたが
その都度、周囲の人から引き止められ
引退を取り下げてきた。

今回は、2018年は代表戦に出場しないということで決着したが
2019年にアルゼンチン代表のメッシを見ることができるかどうかは
2019年に正式にアルゼンチン代表に決定した監督の
チーム戦術と交渉能力次第で決まるだろう。

個人的にはメッシがあの伝統のユニフォームを着て
ドリブルで相手を切り裂いている姿をまた見たい。

特にブラジル対アルゼンチンだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする