本田圭佑が選手と監督の二足のわらじを履く!なぜカンボジア代表監督兼GMに就任?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

衝撃的なニュースが飛び込んできた!

ロシアW杯後の自身の進退が噂されていた本田圭佑選手が
なんとカンボジア代表の監督兼GMに就任したことを発表した。

サッカー界においては異例の出来事だ。

まるで漫画のようなニュースですね笑

ミランを去った後
転々とし今夏にオーストラリアのメルボルンビクトリーに移籍したばかりの本田だ。
次の五輪での出場を目指すと話していたが
選手をしながら、他の国の代表監督を兼任するとはさすがだ!

就任の理由から、なぜカンボジアだったのか?まで解説してみた。

本田がカンボジアの代表監督に就任

こんなことが未だかつてあっただろうか。
選手をしながら代表監督も務める。
どこかのサッカー漫画で、自分のチームのキャプテン兼監督というキャラクターがいたのは
覚えているが、自身のプレイするリーグとは異なる国で監督もやってしまうというのは驚かされる!

さすがは本田だ。
想像の斜め上をいってしまう。

カンボジアとオーストラリアは時差がおよそ3時間
距離は7000kmある。
直行便で行っても12時間はかかる計算になる。

どうやって代表選手をマネイジメントするのだろうか?という疑問が残る。

ITの力で選手をマネイジメント

本田によると
週に数回、カンボジア代表の現地スタッフとテレビ会議で情報交換をするそうだ。
以前、ビジネス系のインタビューで今興味のある分野はIT系だと話していたため
ITの技術を使えば監督も選手もできる!と考えたのではないでしょうか。

選手と監督が直接会って話す機会が減ってしまうと
選手と監督との信頼関係に影響が出そうなイメージがありますが大丈夫でしょうか。

全く会わないわけではないのでしょうが
オーストラリアのリーグでプロとしての契約もあるので
どちらにも支障が出ないように兼業できると最高ですよね!

大谷選手といい、二刀流が流行っているので
本田も選手と監督というイレギュラーな二刀流もいいのかもしれません笑
観てる方としてはワクワクしますよね。

本田新監督のカンボジアサッカーの方針としては
「カンボジアのサッカーが目指すべきスタイルを作り上げること」を掲げた。
また、「カンボジアのPR活動もしていくつもり」と述べている。

サッカーだけでなく、カンボジアの文化も発信していくという考えだ!

本田らしいですね!

カンボジア監督就任のいきさつが本田らしい

本田は今夏にオーストラリアのメルボルンビクトリーに移籍したばかりだったが
カンボジアサッカー連盟に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と直接質問をしたそう。
すると、カンボジアサッカー連盟側は「本気で言っているならオファーをする」と回答したという。

そこで、本田は監督のオファーを改めて受け
カンボジアの代表監督に就任するという形になったのだ!

本田さん、行動力ハンパないっす!

カンボジアってどんなチーム?

カンボジアではサッカー人気が高まってきており、1982年にプロリーグが発足された。
実は、2013年には日本のJリーグとパートナーシップ協定を結んでいる。

現在、カンボジアのプロリーグには12チームが存在しており
2016年、2017年ともにボーウング・ケット・アンコールがリーグ優勝を果たしている。

カンボジア代表自体は、最新のFIFAランキングで166位でありW杯への出場経験はない。

なぜ本田はカンボジアを選んだ?

報道をみる限りだと、本田から一方的にカンボジアにコンタクトをとり
オファーを頂き監督に就任した形となっている。

なぜ、カンボジアだったのか?と疑問に思う人も多いだろう

実は、W杯ロシア大会のアジア2次予選での対戦を契機に、本田はカンボジアにつながりを持った。

本田は2016年から、カンボジアのクラブの経営に参画しており
現在1部の「ソルティーロ アンコールFC」を実質的に保有し、同時に世界に展開するサッカースクールも開校している。

数年に渡る、現地との関わりがあったからこその代表監督就任なのだ。

ぽっと出ではなく、数年前から準備をしていたのですね!

さすが、もってる男は準備もしっかりしてる

まとめ

本田が漫画のような、いや漫画を超えたサッカープレイヤーになった。
オーストラリアでプロ選手としてプレイしながら
カンボジアの代表監督も兼任するという状態だ!

世界を見てもそんな選手いないだろう。
異例の経歴となった。
やはり、ミランの10番だった男は違いますね笑

いずれにせよ、見ている側としては非常にワクワクさせてもらえる!

頑張れ本田選手兼、新代表監督!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする