「AI時代を生き抜く」「人材教育」について真剣に考えてみた!キーワードは「創造性」と「解釈」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AI時代はどんどん進んでいき仕事もなくなる

<h2>AI時代はどんどん進んでいき仕事もなくなる</h2>   今後、重要になってくるのは <strong>リフレーミング</strong>と<strong>マインドセット</strong>である。 それは、人材だけではく企業も 世の中に価値を提供するのであれはこの2つは必須だ! ビジネスの現場では アップルのiPhone登場以来 <strong>イノベーション</strong>という言葉が浸透してきている。   <h4>イノベーションとは</h4> <span style="color: #ff0000;"><strong>「物事の捉え方を変えて”新たな枠組み”を創り出すこと」</strong></span>を 意味している。 <blockquote> <p style="text-align: center;">この”新たな枠組み”を創るには これまでの解釈とは異なった<strong>「視点」</strong>が重要。</p> </blockquote> 今までは常識とされてきたことに 疑問を持ち、異なる視点や価値観で 新しい仮説を産むことができるか?という点にかかっている。     <h3>人材育成に必要なのはマインドセットだ!</h3> 一般企業でも企業研修や新人教育など 新入社員に対する教育を行っているところも多いだろう。 しかし、思ったような人材が育たないと 困っている経営者もいるだろう。 どれだけ、時間とコストをかけて 方法論を教えたとしても、大多数の人間は変わらないのだ。 いや、変わりたくないと言っても過言ではい!   <h4>今、まさに必要なのがマインドセットだ!</h4> マインドセットとは リフレーミングするために<strong>必要な思いや哲学</strong>である。 単にスキルやテクニックがあるだけではイノベーションは起こせない。   <p style="text-align: center;"><strong><span style="font-size: 18pt;">時代は変化している!ダーウィン時代に突入!</span> </strong></p>   <span class="marker-under"><strong>ニュートン時代からダーウィン時代へ移行している。</strong></span> <strong>ニュートン時代</strong>は正解がはっきりしていた。 日本式の義務教育と同じで、1つの共通した正解に向かって進み その正解は変わることはなかった。 <strong>ダーウィン時代</strong>は 情報化社会では世の中のスピードは圧倒的に早くなり これまでの正解は通用するとは限らない。     つまり、ダーウィンの名言にもある通り <blockquote> <p style="text-align: center;"><strong>この時代は</strong> <strong>変化する世の中に適応した者だけが生き残るのだ</strong></p> </blockquote>   つまり、自らの力で正解を<strong>「生み出す」</strong>必要がある! 例えば、オーディオで考えてみよう。 日本企業とアップルの違いですよね! <strong>「オーディオにあなたが求めるものは?」</strong>と聞かれたら? 多分1位は<span style="color: #0000ff;"><strong>「音の良さ」</strong></span>だろう。 オーディオを同じ土俵で改善しようとすると <span style="color: #ff0000;"><strong>「家のオーディオの音質を上げる」</strong></span>ために努力するだろう。   <div class="sp-info" style="text-align: center;">一方、イノベーションでは オーディオからウォークマンへ枠組みを変えたのだ。</div> 家で聞くというオーディオから 外でも聞けるというオーディオへ つまり、ウォークマンへとイノベーションを起こした。 音楽の楽しみ方そのものを リフレーミングしたのだ! オーディオを外に持ち出すと 先程の質問の答えである「音の良さ」は下がるだろう しかし、音楽を野外で楽しめるという 新しい土俵においては「音のよさ」とは それまで重要だった過去の枠組みに変わるのだ! こんなことはビジネスの世界では日常的に起こっている。 旭山動物園の「行動展示」もそうだし 自動車産業でも自動運転の技術もだ。 自動運転が確立されれば、人や物の輸送形態も現状のものとは 変わってくるだろう。 なおかつ、仕事を失う人もいれば <blockquote>今までになかった仕事が生まれ それを生業として生きる人も出てくるはずだ!</blockquote>       <h3>AIが進んでいく中で必要な能力は?</h3> これは、ズバリ! <strong>「創造性」</strong>と<strong>「解釈」</strong>である! 現在のロボット技術でも工場などのラインの仕事は 人間よりも正確にできる部分も多い。 また、AIのデープラーニングで判例や医学データの解析まで 行えるようになってきている。 そんな中、人間にしかできない仕事は 美容師である。 <blockquote> <p style="text-align: center;">これは、「創造性」と「解釈」の両者が求められるからだ!</p> </blockquote> クライアントから 「夏らしく短めに」「〜さんのように」 「美容師さんのセンスで」などのオーダーが入ったとしたら AIにこれに対応する術は今のところない。 また、一人一人頭の形状や髪質が異なるため 表情や顔のパーツにあった髪型にカットしなければいけないというアートの部分が強いのだ。 これは、<strong>「オーダーメイドの一品モノのデザイン」</strong>を毎回 作っているのと同じ作業なのだ! 「創造性」と「解釈」が求められるのは なにも美容師だけではない。 考え方によっては、ほぼ全ての仕事に必要な要素である。 AIによって、仕事が追われるという話になりがちだが 本来は、AIが得意なところは任せて 人間が得意なところは自分たちがやるという共存パターンが これからは最も強いのではないか。 そうなってくると・・・ これからの人材には「創造性」と「解釈」が求められる。 現状の日本の教育は <strong>「パターン化された」</strong>内容と <span style="color: #ff0000;"><strong>「創造性と解釈が必要」</strong></span>な内容のどちらでしょうか? 悲しいことに、前者だろう。 謎に、歴史の事件の年号を覚えされられ その事件の裏にどんなエピソードがあったのか?という点は とても薄い。 年号を覚えることなんてどうでもいい。 その背景にどんな人の感情や時代の流れがあったのかを 知ることの方がよっぽど価値がある。 その時代の人達の暮らしや感覚を自分なりに 想像して解釈することができるからだ! <blockquote> <p style="text-align: center;"><strong>「誰が答えても同じ正解になる」問題の解決には</strong> <strong>これからの時代、価値は生まれない。</strong></p> </blockquote> そんな問題は、AIが代替できるからだ。 あなたが高めるべきは 「創造性と解釈」につながる 「<strong>リフレーミング</strong>」と「<strong>マインドセット」</strong>なのだ!       <h3>リフレーミングとは解釈</h3> リフレームとは 「それまで常識とされてきた枠組みを、新しい視点や発想で前向きに作り直すこと」とされてる。 同じ海や空を見ていても、平凡に解釈するのではなく 人とは違った解釈をする。 これがイノベーションの源泉なのだ! 日本人はそもそもこれが得意だったはずだ。 俳句という日本文化はまさにこれだ! 同じ景色を見て それを自分の価値観で解釈し、自分の言葉で表現する。 これこそ、まさに景色や情景に対して イノベーションと起こしていると言えるだろう! <blockquote> <p style="text-align: center;"><strong>思い出せ!和の心を!笑</strong></p> </blockquote>     <h3>新しい仮説を生む方法論『FFI』</h3> FFIとは ”場”に足を運ぶことで、新たな事実(fact)を掴み 得られた気づき(finding)から洞察(insight)を得ることで 自らの枠組みを知り、今までとは異なる枠組みで 物事を捉えることが可能となるのだ! ここで大事なのは 今までとは異なる枠組みで物事を捉えよう すぐにしていないという点だ。 まずは、自らの枠組みを知る!ここがスタートだ 現在地を知っているから、異なった枠組みへ 解釈が変われるのだ! <div class="sp-info" style="text-align: center;"><strong>まずは、自分の現在地を知ろう!</strong></div> 人材育成を変えるマインドセット たくさんの企業でイノベーションを生む社員を 教育するために様々策を講じている! しかし、なかなかそんな人材は育たない・・・ どうすれば、「リフレーミング」できるか? というノウハウやスキルを教育することで イノベーションが起こるのか?と言えば 実は、そうではない。 ここが落とし穴で、やり方ばかりに固執しても やり方をいくら改善しても、意味がないのだ。 よくある話が 副業系の商材を10人が買って その中の3人が月収100万円を達成した! 他の7人は0円だった。 この人達は何が違うのでしょうか? 同じノウハウを使っているのに 100万と0円と違いが生まれてしまう。 この商材が詐欺ですか? でもこれで100万円稼いでいる人が3人もいる。 でも0円の人は7人もいる。 彼らの違いはなんでしょう? 商材は同じなので、持っている情報は同じなのです。 つまり、何が違うのかというと その人たちの<strong>『考え方』</strong>です。 つまり、どんなマインドセットだったか?という点だけです。 もし、あなたの脳が孫正義の脳になったら 3年以内に100億企業を作ることなんて容易なんです。 人材にとって重要なことは 情報の量よりも、マインドセットなのだ! いくらたくさんの情報を与えても 豚に真珠だ。 <blockquote> <p style="text-align: center;"><strong>情報というテクニックの土台に</strong> <strong>「想い」や「哲学」がなければイノベーションは起こせない。</strong></p> </blockquote>       <h3>どんなマインドセットが必要?</h3> <div class="sp-info"><strong>①チャレンジ精神</strong> リフレーミングのためには、「慣れ親しんだ環境」から 自ら未知の場に飛び出して想像を膨らませるマインドが必要</div> <div class="sp-info"><strong>②他己実現</strong> 自分のために頭を下げるよりも 他者のために頑張ろうとするマインドセット</div> <div class="sp-info"><strong>③前向きさ</strong> どんな状況でも自己効力感を失わず 前向きに取り組めるマインドセット</div> これら3つが現代の人材教育において不足している マインドセットだ! リフレーミングするには、”場”に飛び込む勇気が必要だし 自らの持っている枠組みから自由になる必要がある。 リフレーミングされた価値は、現状のものとは異なるため 前向きさを失わずに、他己実現のために アクションを取り続ける必要があるのである! クライアントへの価値提供は <strong>「プレゼントを贈る」</strong>のと同じだ! クライアントのニーズをリサーチし 「送り主の想い」を込めて初めて良いプレゼントを渡せることになる!

今後、重要になってくるのは
リフレーミングマインドセットである。

それは、人材だけではく企業も
世の中に価値を提供するのであれはこの2つは必須だ!

ビジネスの現場では
アップルのiPhone登場以来
イノベーションという言葉が浸透してきている。

イノベーションとは

「物事の捉え方を変えて”新たな枠組み”を創り出すこと」
意味している。

この”新たな枠組み”を創るには
これまでの解釈とは異なった「視点」が重要。

今までは常識とされてきたことに
疑問を持ち、異なる視点や価値観で
新しい仮説を産むことができるか?という点にかかっている。

人材育成に必要なのはマインドセットだ!

一般企業でも企業研修や新人教育など
新入社員に対する教育を行っているところも多いだろう。

しかし、思ったような人材が育たないと
困っている経営者もいるだろう。

どれだけ、時間とコストをかけて
方法論を教えたとしても、大多数の人間は変わらないのだ。
いや、変わりたくないと言っても過言ではい!

今、まさに必要なのがマインドセットだ!

マインドセットとは
リフレーミングするために必要な思いや哲学である。

単にスキルやテクニックがあるだけではイノベーションは起こせない。

時代は変化している!ダーウィン時代に突入! 

ニュートン時代からダーウィン時代へ移行している。

ニュートン時代は正解がはっきりしていた。
日本式の義務教育と同じで、1つの共通した正解に向かって進み
その正解は変わることはなかった。

ダーウィン時代
情報化社会では世の中のスピードは圧倒的に早くなり
これまでの正解は通用するとは限らない。

つまり、ダーウィンの名言にもある通り

この時代は
変化する世の中に適応した者だけが生き残るのだ

つまり、自らの力で正解を「生み出す」必要がある!

例えば、オーディオで考えてみよう。
日本企業とアップルの違いですよね!

「オーディオにあなたが求めるものは?」と聞かれたら?
多分1位は「音の良さ」だろう。

オーディオを同じ土俵で改善しようとすると
「家のオーディオの音質を上げる」ために努力するだろう。

一方、イノベーションでは
オーディオからウォークマンへ枠組みを変えたのだ。

家で聞くというオーディオから
外でも聞けるというオーディオへ
つまり、ウォークマンへとイノベーションを起こした。

音楽の楽しみ方そのものを
リフレーミングしたのだ!

オーディオを外に持ち出すと
先程の質問の答えである「音の良さ」は下がるだろう

しかし、音楽を野外で楽しめるという
新しい土俵においては「音のよさ」とは
それまで重要だった過去の枠組みに変わるのだ!

こんなことはビジネスの世界では日常的に起こっている。
旭山動物園の「行動展示」もそうだし
自動車産業でも自動運転の技術もだ。
自動運転が確立されれば、人や物の輸送形態も現状のものとは
変わってくるだろう。

なおかつ、仕事を失う人もいれば

今までになかった仕事が生まれ
それを生業として生きる人も出てくるはずだ!

AIが進んでいく中で必要な能力は?

これは、ズバリ!
「創造性」「解釈」である!

現在のロボット技術でも工場などのラインの仕事は
人間よりも正確にできる部分も多い。
また、AIのデープラーニングで判例や医学データの解析まで
行えるようになってきている。

そんな中、人間にしかできない仕事は
美容師である。

これは、「創造性」と「解釈」の両者が求められるからだ!

クライアントから
「夏らしく短めに」「〜さんのように」
「美容師さんのセンスで」などのオーダーが入ったとしたら
AIにこれに対応する術は今のところない。

また、一人一人頭の形状や髪質が異なるため
表情や顔のパーツにあった髪型にカットしなければいけないというアートの部分が強いのだ。

これは、「オーダーメイドの一品モノのデザイン」を毎回
作っているのと同じ作業なのだ!

「創造性」と「解釈」が求められるのは
なにも美容師だけではない。

考え方によっては、ほぼ全ての仕事に必要な要素である。
AIによって、仕事が追われるという話になりがちだが

本来は、AIが得意なところは任せて
人間が得意なところは自分たちがやるという共存パターンが
これからは最も強いのではないか。

そうなってくると・・・
これからの人材には「創造性」と「解釈」が求められる。

現状の日本の教育は
「パターン化された」内容と
「創造性と解釈が必要」な内容のどちらでしょうか?

悲しいことに、前者だろう。
謎に、歴史の事件の年号を覚えされられ
その事件の裏にどんなエピソードがあったのか?という点は
とても薄い。

年号を覚えることなんてどうでもいい。

その背景にどんな人の感情や時代の流れがあったのかを
知ることの方がよっぽど価値がある。

その時代の人達の暮らしや感覚を自分なりに
想像して解釈することができるからだ!

「誰が答えても同じ正解になる」問題の解決には
これからの時代、価値は生まれない。

そんな問題は、AIが代替できるからだ。

あなたが高めるべきは
「創造性と解釈」につながる
リフレーミング」と「マインドセット」なのだ!

リフレーミングとは解釈

リフレームとは
「それまで常識とされてきた枠組みを、新しい視点や発想で前向きに作り直すこと」とされてる。

同じ海や空を見ていても、平凡に解釈するのではなく
人とは違った解釈をする。
これがイノベーションの源泉なのだ!

日本人はそもそもこれが得意だったはずだ。
俳句という日本文化はまさにこれだ!
同じ景色を見て
それを自分の価値観で解釈し、自分の言葉で表現する。

これこそ、まさに景色や情景に対して
イノベーションと起こしていると言えるだろう!

思い出せ!和の心を!笑

新しい仮説を生む方法論『FFI』

FFIとは
”場”に足を運ぶことで、新たな事実(fact)を掴み
得られた気づき(finding)から洞察(insight)を得ることで
自らの枠組みを知り、今までとは異なる枠組みで
物事を捉えることが可能となるのだ!

ここで大事なのは
今までとは異なる枠組みで物事を捉えよう
すぐにしていないという点だ。

まずは、自らの枠組みを知る!ここがスタートだ
現在地を知っているから、異なった枠組みへ
解釈が変われるのだ!

まずは、自分の現在地を知ろう!

人材育成を変えるマインドセット
たくさんの企業でイノベーションを生む社員を
教育するために様々策を講じている!
しかし、なかなかそんな人材は育たない・・・

どうすれば、「リフレーミング」できるか?
というノウハウやスキルを教育することで
イノベーションが起こるのか?と言えば
実は、そうではない。

ここが落とし穴で、やり方ばかりに固執しても
やり方をいくら改善しても、意味がないのだ。

どうやってやるか?何をやるか?でなく、なぜやるか?なのだ!

よくある話が
副業系の商材を10人が買って

その中の3人が月収100万円を達成した!
他の7人は0円だった。

この人達は何が違うのでしょうか?
同じノウハウを使っているのに
100万と0円と違いが生まれてしまう。

この商材が詐欺ですか?
でもこれで100万円稼いでいる人が3人もいる。
でも0円の人は7人もいる。

彼らの違いはなんでしょう?
商材は同じなので、持っている情報は同じなのです。

つまり、何が違うのかというと
その人たちの『考え方』です。
つまり、どんなマインドセットだったか?という点だけです。

もし、あなたの脳が孫正義の脳になったら
3年以内に100億企業を作ることなんて容易なんです。

人材にとって重要なことは
情報の量よりも、『マインドセット』なのだ!

いくらたくさんの情報を与えても
豚に真珠だ。

情報というテクニックの土台に
「想い」や「哲学」がなければイノベーションは起こせない。

どんなマインドセットが必要?

①チャレンジ精神
リフレーミングのためには、「慣れ親しんだ環境」から
自ら未知の場に飛び出して想像を膨らませるマインドが必要
②他己実現
自分のために頭を下げるよりも
他者のために頑張ろうとするマインドセット
③前向きさ
どんな状況でも自己効力感を失わず
前向きに取り組めるマインドセット

これら3つが現代の人材教育において不足している
マインドセットだ!

リフレーミングするには、”場”に飛び込む勇気が必要だし
自らの持っている枠組みから自由になる必要がある。
リフレーミングされた価値は、現状のものとは異なるため
前向きさを失わずに、他己実現のために
アクションを取り続ける必要があるのである!

クライアントへの価値提供は
「プレゼントを贈る」のと同じだ!
クライアントのニーズをリサーチし
「送り主の想い」を込めて初めて良いプレゼントを渡せることになる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする