食品添加物ってやばいっすよ!

以前の記事でなかなかに恐ろしいこと起きていることがわかってきました。

まだ読んでない人は下のリンクからどうぞ!
日本人の腸内環境の真実はこちらから

今まで知らないでコンビニ飯などをガンガン食べてましたよ~!
今からじゃ遅いので、子供が生まれたらせめて子供には添加物に配慮して食事をさせてあげるようかな。
と、思ったあなた...確かに摂取することで体内に蓄積されていくので、摂取量を減らせれば蓄積量も少なくて済むと思うと思います。
まさに、その通りなのですが・・・
実は、恐ろしいことに
添加物は親から子供、その子供へと『遺伝』すると言われています。
なので子供が生まれる前の段階での両親の腸内環境が非常に大事になってきます。この部分は妊娠率にも影響を及ぼしているみたいです。
最近は、不妊治療をされている方も多いですよね。
僕の友人の奥さんも不妊治療をしていると言ってました。

子供のことを考えるのであれば、

今から自分たちの腸内環境を整えることが子供のためになるのではないでしょうか?
生まれて来てくれた子供に、喘息や重度のアトピーが出ないようにリスクを減らせるのは両親しかいないのです。
もし、自分の愛する我が子にアレルギーが強く出てしまったら...
責任はあなたにあるのかもしれません。

添加物って遺伝するんですよ

添加物って遺伝するんか!って

知らない人が多いのですが、いくつかの論文でも言われているので事実であることは間違いないでしょう。
腸内環境に関しての研究は
まだあまり進んでいないので、わかっていないことも多いのです!
これからもっと
研究が進んでいくにつれ、腸の大事さが分かってくると思います。
分かってから対策では遅すぎるので
今のうちから、できることはやっておきましょう!
さて、
食品添加物についてのお話をさせていただきましたが、
そもそも、日本ってどれだけ添加物に溢れているのか?
というのがよくわからないので他国を引き合いに出してみます。
私が確認した際のデータですので現在は、多少変わっているかもしれませんが参考までに。・医療や教育で先進国であるスウェーデン
ここは、認可が下りている物だけで約30〜50種類・ハンバーガー、BBQサイコー!なアメリカ
ここは約100〜500種類と言われています。・和食文化からカップ麺やコンビニ最高!な現在の日本
ここは、驚きの2000~3000種類と言われています。
恐ろしいぜ我らが日本!
食品添加物は化学薬品なので、分かりやすく言うと耳かき1杯で水槽の水の色が変化するほどの力を持っています。
少量で絶大なパワーを発揮する食品添加物。

平均的な日本人は年間でどれくらい摂取していると思いますか?

食品添加物についての知識がある程度あり、普段からオーガニック野菜などに気を使っている人でさえ年間で6kg程度摂取しているそうです...
そんなパワフルなものをたった一年で6kgも・・・
まじヤバイっすね!
知らないで、気を使ってない人はどれだけ摂取しているのか恐怖でしかないですよね。

 

実は、気を使っていない人は...
倍の12kgだそうです 汗
そりゃ、花粉症や食べ物アレルギー、直腸ガンが年々増加してるわけですね。
僕たちは基本的には、日本にいる限り添加物から完全に逃れることはできないのです。
しかし、私たちは食品添加物のおかげで美味しく長持ちするものを食べることができるのです。
つまり、食品添加物の恩恵に預かっているわけです...
食品添加物の中には、摂取量によっては発がん性物質が入っていることがわかってきたものもありますので、食べ物を買う際はなるべく表示の裏を確認し、特にヤバイ添加物が入っていないか確認してみることが、自分と大切な家族・恋人を守ることに繋がるのではないでしょうか?
あなたの、その「 一手間 」が自分と大切な人、未来の家族を守れるのです!