【悪用厳禁】初対面の相手と一瞬でラポールを築く5つのフォーミュラ!

以前の記事で親密度をあげる3つのコツをお伝えしました!

その中で、相手との共通項をたくさん作ることが仲良くなるなる秘訣だとお伝えしました。

例えば、出身地や趣味などの共通項を探していくのですが
共通点は、自然にそうだったものであっても、人工的に作られたものであっても、等しく効果を発揮します。

しかし、人工的に共通点を作るとなると、ウソを付く必要が出てきますよね?
出身地が違うのに出身地を同じように偽ったり、趣味が全く違うのに趣味を合わせたり...

あなたの意識レベルで露骨にやってしまうと、バレるまでは効果は発揮しますが付き合いが深くなることでバレるリスクが高くなります!

 

ウソはバレたらむしろ逆効果になるのです。

 

 

無意識レベルの共通項を作る技術

今からお伝えする5つのフォーミュラは、恋愛・セールス・対人関係など全てに使える万能なテクニックです!
実践すればどれも劇的な効果を発揮しますので、よく覚えて実践してみてくださいね。

 

ハイパーコミュニケーションとも言われる
『催眠術』をベースにしているので悪用厳禁ですよ!

 

 

①呼吸を合わせる
相手が息を吸ったら吸う、息を吐いた吐く。
たったこれだけのことですが、ここを意図的に行うことで一気に親密になれる
②相手の話すスピードやリズムを合わせる
相手がゆっくり話す人ならゆっくり話す。
早口で話す人なら早口で話すと言った感じで、話すスピードやリズムを合わせます。
なぜなら、自分のスピードやリズムに合わせてくれる相手は、自分にとって心地よく、親密度が高まります。
③相手の声の大きさや声のトーンを合わせる
話す声が大きすぎてストレスになったり、声が小さすぎると感じてストレスを感じたことってありますよね?
声の大きさやトーンを合わせると、無意識はとても心地よく、心を開きやすくなります。
④身体の動きを合わせる
相手が足を組んだら自分も足を組むなど、姿勢や動きを合わせます。
ただし、相手に気づかれないこと。
無意識へのアプローチなので、バレると意味がなくなります。
バレにくいものとしては「まばたきを合わせる」があります。
⑤感情や価値観や考え方を合わせる
一緒に喜ぶ、一緒に怒る、一緒に悲しむ、一緒に楽しむ!これだけで仲良くなれます。
特に「怒る」と言う感情が出た時はチャンス!
デート中、相手が店員の対応が悪く怒ったとします。
相手が怒る価値観に同意してあげると、親密度はかなり深くなります。
あなたがどんなセールスのテクニックを持っていたとしても
どれだけ美味しいお店や夜景の綺麗なホテルを知っていたとしても
あなたと相手の間にラポールが築けていなければ、それらのツールは意味をなさないのです。逆に言えば、ラポールさえ築けていればセールスのテクニックや美味しいお店をたくさん知っている必要はないのです。
それだけ、相手との信頼は人間関係において大事なのです。
この5つのフォーミュラはあなたが良い人間関係を作りたい人に対して実践してください!
決して、売りつけてやろうとか、操ってやろうとか
そういったマインドで悪用しないでくださいね!