JAL史上初の専属フィギュアスケーター本田真凜誕生!CA姿で登場。

本田真凜がJALのCAに!

フィギュアスケート女子の本田真凜(16)が、新しい所属先を日本航空(JAL)とすると発表した!

関係者によるとJAL初のフィギュアスケーターとなり、新たに部を立ち上げる方針だという。新シーズンの本田真凜は、東京都連盟の在籍選手となる予定だ。

 

本田真凜といえば、

昨季までは大阪・関大高に通い、平昌五輪4位の宮原知子らと共に練習を積んできた。今年4月から米国へ拠点を移し、世界選手権男子優勝のチェンや、過去に浅田真央さんを指導したラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事。さらに青森山田高へと転校した。

青森山田は名門校ですよね!

 

 

シニア1年目の昨季は
目標だった平昌五輪に出場できなかったのが記憶に新しい。

新コーチはジャンプ指導に定評があり、3月のアイスショー後には「ジャンプの安定感をつけて、女子の進化についていけるようにしたい。環境を変えて新しいスタートができたらいい」と決意表明していた。

 

 

日本航空とは16年秋にスポンサー契約を締結している。

14歳でJALという大企業とスポンサー契約とは恐ろしいですよね。

記者会見では「小さいころからすごく憧れていた」とキャビンアテンダント姿で笑顔を見せていた。JALで最初の大舞台は10月のグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカ。手厚いサポートを背に、22年北京五輪を目指す。

 

是非ともJALのようにV字回復で、22年北京五輪に出場しいい結果を出してくれることを期待しましょう!