こんにちは、EA専業トレーダーの田原です。

今回は、Twitterやメルマガで質問があった『ヘリウムマイニング』について触れていきます。

結論から言えば、

田原
注意すべきことがあるぞ〜

 

って感じなので、その辺りを踏まえて解説していきます。

一応言っておくと、僕はヘリウムマイニングをやるつもりはないですね(理由は後述)

ヘリウムマイニング(iHub.Global)が怪しい?【仕組みを解説】

さて、SNS界隈で賑わってるヘリウムマイニングですが、簡単に言えば..

田原
暗号通貨をマイニングする案件です。

 

この手の案件は、過去にもたくさんありましたが、ヘリウムマイニングが他の案件と違うのはマイニングの端末が無料配布されるという部分にあります。

つまり、マイニングする端末に対する手出しがゼロ円(送料は負担)で、暗号通貨のマイニングが可能になってるわけです。

まぁ、ここまで聞くと..

あなた
いやいや、胡散臭いでしょw

 

って感じるかもしれませんが、iHub.Globalの収益構造を理解できると「あー、なるほどね」ってなると思います。

ヘリウムマイニングのiHub.GlobalはHelium projectと無関係の会社

そもそも、ヘリウムマイニング(iHub.Global)で理解しておくべきことは、本家のHelium projectとは無関係ってことです。

簡単に言えば、Heliumの運営とは関係のない企業が、独自にマーケティングプランを作って広げているのがヘリウムマイニング(iHub.Global)なわけです。

ただ、関係ないとは言っても、使用するマイニングの端末や配布される報酬(HNT)は本家と同じものなので、

iHub.Global
Helium projectへの乗っかり案件。

 

という感じです。

あえて言えば、もしHNTの暴落やハッキングなどでHelium projectがコケることがあれば、ヘリウムマイニングも同じ道を辿るということになるわけです。

まさに、運命共同体ですね!

 

ヘリウムマイニング(iHub.Global)の報酬形態【HNTと紹介料】

で、ヘリウムマイニングで一番気になるのが、

あなた
マイニング端末を無料で受け取れる!?

 

ってことだと思います。

単純に計算すると、1台5万円程度のマイニングマシンが無料で配布されることになるので、違和感を感じると思います。(最近は値上げしたらしい)

この部分に関しては、ヘリウムマイニングの報酬形態を見ると構造が分かってきます↓

 

ヘリウムマイニングの報酬形態
・端末の設置主:25%
・iHub.Global:35%
・紹介報酬:40%

 

要するに、本家のHelium projectであれば、端末の設置主はHNTを100%受け取れますが、ヘリウムマイニングでは25%しか受け取れないわけです。

つまり、設置主がマイニングした35%と、紹介報酬で吐き出されなかった分が入るので、iHub.Globalは無料で端末を配布しても儲かる構造になっています。

田原
損して得取るスタイルですね。

 

それと、報酬の構造的にも紹介するのが一番稼げるので、参加者が紹介者を出したくなるような仕組みになってるわけです。

 

ヘリウムマイニング(iHub.Global)はマルチ?【日本でも流行】

ここまでで、ヘリウムマイニングの紹介報酬などについて触れてきましたが、もしかすると..

あなた
ヘリウムマイニングってマルチじゃね?

 

と、感じてるかもしれません。

まぁ、極端な言い方をすれば..

田原
Heliumをマルチで流行らせてる

 

ってなりますが、法律的にはマルチではないようです。

この辺りに関しては、ごちゃごちゃ言ってる人がいますが、法律的にマルチじゃなくても印象がマルチならマルチ扱いされるのが現実です。

というか、紹介報酬のプラン(海外のやつ)を見ると、、

 

「ユニレベルじゃねーか!」

 

ってなるので、報酬の構造的にはマルチなんだけど、端末を無料で配布してるから法律的にはマルチには当たらないらしい。笑

まぁ、ここに関しては海外の掲示板でも「これはマルチだ!」「マルチじゃない!」というクソな言い争いを見かけたので、意見が割れるとこですね。

あ、一応言っておくと..

田原
日本での報酬形態は知らん。

 

おそらく、日本でも「マルチだ!」「マルチじゃない!」というアホ同士の言い争いがあると思うけど、正直どうでも良いよねw

基本的に、マルチっぽく見えたら法律なんて関係なく『マルチ認定』するのが人間だから、ごちゃごちゃ言っても無駄だぞ。

 

ヘリウムマイニング(iHub.Global)登録のデメリットとは?

さて、色々と解説してきましたが、ここからはヘリウムマイニングに登録するデメリットについてです。

一見すると、無料で受け取れる端末でマイニングできるので、リスクがないように感じますが、資料をちゃんと読めばリスクは見えてきます。

大量に挙げても意味ないので、3つだけピックアップします↓

 

1:Heliumに依存するリスク
2:報酬形態のリスク
3:iHub.Globalを介するリスク

 

それぞれ解説します。

ヘリウムマイニングのデメリット①:Heliumに依存するリスク

上記でも触れましたが、これはヘリウムマイニングの構造を考えると避けられないリスクです。

現時点では、Heliumコインの価値は上昇傾向ですが、今後どうなるかは不明です(どんな投資でも同じ)

Heliumの技術に強みがあれば、高い値段で安定するかもしれませんが、値段が上がってるから投機するという大衆心理で釣り上がってる場合は、ガクッと下がります。

なので、

田原
本家のHeliumが技術的に強みがあるか?

 

を調べた方が良いですね。

日本語の情報は読んでないから知らんけど、英語圏の情報を見てると「うーん」ってなる指摘もあるので、ちゃんと調べよう。

もし、ちゃんと調べるとしたら..

・技術の優位性
・CEOや役員の人脈
・巨大企業への根回し
etc..

などを調べると良いよ。(もちろん英語圏の情報です)

ヘリウムマイニングのデメリット②:報酬形態(紹介料)のリスク

上記で触れたように、iHub.Globalを介してHelium projectをやるのであれば、マイニングで得られる報酬は25%に下がります。

大量に紹介者を出せる人であれば、紹介報酬の40%を複数から得られるので多く稼げますが、紹介者を出せない人は養分になるだけです。

まぁ、端末自体は0円なので損失リスクはないですが、

田原
報酬が1/4になることをどう考えるか次第。

 

って感じです。

要するに、誰もが気軽に参加できるってことは、ライバルが増える速度も速いですし、ネットで集客するのであればマーケティング力は必須です。

現実的に考えれば、紹介報酬で稼ごうとしても、雑魚ブロガーではアクセスすら集まらないのがオチですね。

それに、もしリアルで紹介するとしても..

あなた
こいつマルチやってるやん。

 

ってなりますよ。

さっきも書いたけど、法的にマルチじゃなくても怪しいやつは全部マルチ認定されるのがジャパンクオリティだからね。笑

 

ヘリウムマイニングのデメリット③:iHub.Globalを介するポンジリスク

僕が最も大きなデメリットに感じるのが、iHub.Globalを介するリスクです。

特に気になってるのが、アフィリエイト報酬を配布するためにマイニングしたHNTは全てiHub.Globalに入る構造になってることなんだよね〜。

ここですね↓

 

(iHub.Globalの資料)

 

<和訳>

IHUBのサービスを利用して採掘されたHNTは、すべてIHUBの管理下に置かれます。すべてのHNTはIHUB社の管理下に置かれ、IHUB社は、マイナーまたはマイナーの操作により「アフィリエイト」に与えられた特定の結果に応じてIHUBが適切な割合で分配できるようにするためです。「アフィリエイト」と「ホスト」の間で署名された特定の「ホスト契約」の規定に従って、適切な割合を分配することができます。

 

iHub.Globalを介してることを考えると、自分がマイニングしたHNTがiHub.Globalに集まるのは仕方ないけど、持ち逃げされるリスクも考えるべきですね。

例えば、もしあなたが頑張って100人の組織を作ったとしても、iHub.Globalが飛んだ瞬間に収入がゼロになるってことです。(可能性の話だけど)

まぁ、端末は無料なので金銭的に失うものはないけど、

田原
大量の時間と労力が無駄になる。

 

ってことを考えると、金銭的なリスクよりも大きなダメージでしょ?

金なんて稼げば良いけど、時間は稼げないからね。

 

要するに、過去の似たような案件や今の広がり方とかを見てると、iHub.Globalが飛ぶというリスクを考えずにはいられないわけですよ、僕は。

ただ、結局は未来のことだし、どうなるかは分からないからリスク管理はしっかりやろうな!

 

【僕の結論】怪しいヘリウムマイニングを日本でやるべきか?

さて、色々と書いてきましたが、僕の結論としては..

田原
仮にやるならポンジの可能性を覚悟すべし!

 

って感じですね。

僕は、iHub.Globalでヘリウムマイニングをやろうと思わないけど、もしやるなら本家のHelium projectから端末を買って100%受け取れるようにするかな。

そうすれば、Helium projectだけ注目してれば良いし、長く続くようなら放置で稼げるからね。(投資家ならこの思考になるよ)

まぁ、現時点でのHeliumの人脈的な繋がりを見る限りでは、インフラとかに食い込めそうな気はしないけどw

 

ただ、今後の動きを見てて、、

Helium projectが飛躍する可能性を感じたら、本家から端末を50万〜100万円分くらい買って、友達の家とかに設置してもらうかもね。

田原
現状だと、その可能性は低いけどw

 

まとめ

今回は、iHub.Globalのヘリウムマイニングについて解説してきました。

このブログでは色々な案件の実態を調べて、本気で稼ぎたい人が遠回りしないように情報発信してるんだけど、記事を書くきっかけになったのが..

読者さん
〇〇〇に投資したんですけど大丈夫でしょうか?

 

って感じのお悩みメールなんですよね。

僕自身が、中卒で学歴ゼロの人間(詳しくはこちら)なので偉そうなことは言えないけど、お金に余裕がないと冷静な判断ができなくなるのは理解できます。

田原
頭が働いてない感じのやつだよね。

 

なので、もし今のあなたがお金がなくて冷静さを失ってるなら、僕が実際に稼いでるEAを使って経済的な不安から解放されてください↓

≫ コロナ禍の2021年でも絶好調なEAを紹介します

 

参考までに、僕が運用してるEAの実績を載せておきます↓

 

 

このEAは2020年の9月から運用してるので、もっと長期の運用実績を見たい人はこちらへ。

≫ 詳しい運用実績はこちら

 

田原
かなり優秀なEAですよ〜!

 

 

P.S.

僕は、複数のEAやMAM、暗号通貨で月収が20倍くらいになったので、

去年からは稼いだ資金を使って、

・FXのEA、
・暗号通貨のEA、
・オンラインカジノのEA
・バイナリーのEA
etc..

など、色々なEAを試しています(ただの実験台ですw)

もちろん、

田原
使ってみたらクソだった..

 

なんてこともありますが、

逆に、使ってみたらマジで高性能なEAだった!というパターンも割とあります。

まぁ、こんな感じで堅実に稼いでくれるEAを見つけて、さらに資金を投下して収入の柱を増やしていくと、月収が20倍になるわけです。

ちなみに、

田原
複数のEA(MAM)に投資した方が低リスクで稼げるよ。

 

それと、僕が紹介してるEAに関しては、

・完全無料でEAを使える
・レスポンスの早いサポートが無料で使える
・1000人規模のコミュニティも付いてる

など、サポートが手厚いのでFXやEAの初心者にもオススメです。

まぁ、もしかしたら、

あなた
なんで無料で使えるの?

 

とか思うかもしれませんが、

ここに関しては下の記事で詳しく説明してるので読んでみてください。

≫ コロナ禍の2021年でも絶好調なEAを紹介します

 

結局、「何をやるか?」は自分で決めたら良いと思うけど、『稼げる案件』と『稼げない案件』は明確に分かれているので、冷静に判断してくださいね。

それと、問い合わせが多いから一応書いておくと、投資よりブログ(アフィリエイト)で稼ぎたい人は、こちらを覗いてみてください↓

≫ XM Affiliate Strategy Group

 

それじゃあ、

田原
楽しい投資ライフを!