W杯で各国に罰金祭り?FIFAはすでに約6000万円の臨時収入!各国罰金ランキング!

W杯で各国に罰金?
W杯には厳しい罰金制度があるんです!

FIFAのW杯での罰金は結構厳しい!

今大会は、罰金がかなり多いと噂されている。

W杯で罰金だなんて、あまり聞いたことないだろう。

しかし、欧州のリーグでは違反を犯した選手は出場停止と罰金を科せられるケースが多い。

FIFAもそういった意味で罰金を科してるいるのだろう。

 

それにしても6000万は凄まじい金額だ

 

 

気になるその内訳とFIFA罰金ランキングTOP10を見てみよう!

第1位

アルゼンチン 1155万円
サポーターが同性愛者への差別的なかけ声を発したこと
一発で1000万超え!恐ろしいです。

 

第2位

クロアチア 784万円+168万円+140万円
・決勝トーナメント1回戦のデンマーク戦でPK戦の前に選手が公式スポンサーではない「レッドブル」を飲んだこと
・代表コーチ補佐の政治的な発言が問題になった
・アルゼンチンとの試合後に両国のファンが乱闘を起こしたこと

レッドブル飲んだだけで784万円...

PKの前だったので、翼が欲しかったのだろうか。

 

 

第3位は同額

イングランド 784万円
スウェーデン戦で、複数の選手が試合用とは別のストッキングを着用して練習しており、試合でもストッキングの他に滑り止め付きソックスを重ねばきしていた選手がいたため
スウェーデン 784万円
ソックスを規定外のものを着用していたこと

靴下違うだけで700万以上の罰金とかやばい笑

 

 

第5位

モロッコ 715万円
スタッフが試合直後にピッチ内に入って審判に抗議したこと

これはいかんですね。

 

第6位

ウルグアイ 560万円
ウルグアイはスタジアム到着時間が遅れたため
プロは時間厳守ですよ!

 

第7位

スイスの3選手 277万円
「政治的メッセージ」と取れるパフォーマンスが問題となったこと

珍しく選手個人に対しての罰金!

 

第8位

メキシコ 110万円+165万円
・GKのノイアーに対し、ファンが「同性愛者」などと侮辱的な罵声を繰り返したこと
・ファンがピッチに物を投げ込んだこと
これも同性愛者の侮辱!しかし、アルゼンチンみたいに1000万超えではない...
なぜでしょうか?
第9位
セルビア 220万円
ファンが差別的な横断幕を出したこと

よくないですね。

 

第10位は同額

ロシア 110万円
ファンが差別的な横断幕を出したこと
ポーランド 110万円
ファンが差別的な横断幕を出したこと

理由はセルビアと同じだが、なぜか少し安い...

横断幕の内容?だとしたらそういう問題なのだろうか?と疑問が湧いてくる。

 

 

何よりも、結構しょうもない理由(レッドブル飲んだ)で罰金を取られているとこに驚きだ笑

これらの罰金は基本的にその国の協会に科せられるが
ファンの暴走によるもので罰金を食らうケースが多々見受けられますね!

 

ファンのせいで罰金を食らった国の協会にしてみれば、迷惑な話だ。

協会としては、自国のサッカーのレベルを引き上げるために資金を使っていきたいのに、ファンの暴走のせい罰金をくらい無駄金を使ってしまい足枷に感じるだろう。

 

観客のマナーが非常に大事ですね!

日本のファンは、試合観戦後にゴミ拾いをして帰ったと現地のスタッフが感動のツイートをしていた!

グッジョブ日本サポーター!