こんにちは、EA専業トレーダーの田原です。

今回は、EA初心者からよく質問されるVPS(バーチャルプライベートサーバー)について解説していきます。

このブログでは、これまでの僕の経験から、稼ぎたい人にはEAをオススメしているわけですが、よく聞かれるのが..

初心者
EAの運用にVPSは必須ですか?

 

という質問です。

これに関しては、VPSがなかったとしてもEAの運用自体は可能なので、「絶対に必須です!」というわけではないんですが、ぶっちゃけ..

田原
EAで稼ぎたいならVPSは必須。

 

です。笑

もしかしたら、「VPSの使用料がかかるのは嫌だなぁ..」と思うかもしれないけど、EAで稼ぐならVPSが必須である理由について解説していきます。

この記事を読めば、

初心者
どう考えても、VPSの方がいいじゃんw

 

ってことに気づけるはず。

VPSとは何か?

Virtual Private Server(バーチャルプライベートサーバ)を略したものがVPSなんですが、日本語にすると仮想専用サーバーという感じですね。

まぁ、これを聞いても、

あなた
だから、何?

 

という感じで、しっくりこないと思うので、

ざっくり言ってしまうと、VPSとは..

田原
企業の巨大なサーバの中に、仮想の自分専用PCを作って稼働してもらうこと。

 

と言えます。

こんな感じです⬇︎

このイラストの様な感じで、大元のパソコン(本体VPSサーバー)が別の場所にあって、それを自分のパソコンを使用して遠隔操作してるイメージですね。

そして、EAにとってVPSが重要な理由としては..

 

VPSの重要ポイント
VPSは24時間稼働しているので、自分のパソコンの電源を切ってもVPS上で動かしているプログラムは、停止することなく動き続けることができる。(だからEAの運用に必須)

 

つまり、企業のサーバの機能を借りて、普通のPCと同じ機能を持った仮想PCをネット上に置いておくことを意味するわけです。

ただ、ここで1つ気になるのが、『パソコンを持っていない人がVPSを利用するのは納得できるけど、PCを所有しているもVPSを利用しているのは何故なのか?』ということです。

FXの自動売買(EA)にVPSが必須な理由

EAを動かしていくには、MT4を稼働させ続けなければいけないのですが、MT4はパソコンの電源を切ったり、MT4のプログラムを停止した状態だと、稼働することができません。

 

つまり、EAを正しく動かすためには、

・常に、パソコンの電源を起動させて
・常に、MT4のプログラムを稼働させる

という条件を満たしている必要があります。

 

もう少し詳しく言うと、EAをメインとして稼働させている口座に関して、市場が動いている間は、MT4を終日稼働させ続ける必要があるということです。

まぁ、自分が持ってるPCで、EAを稼働することもできないことはないのですが、断続的な取引は現実的に厳しいので、自動売買としてEAを使用しているユーザのほとんどがVPSを使っています。

だからこそ、

田原
VPSの使用料をケチるやつは稼げない。

 

ってわけです。

VPSを使わないでEAを運用するリスク

ここまで読んでみて、

初心者
パソコンでもEA動かせるならVPSいらないな..

 

などと、間違った認識をしている人はいないと思いたいんですが、参考までに「VPSを使わないでEAを運用するリスク」についても解説していきます。笑

 

上記でも少し触れましたが、自分のパソコンにMT4をインストールして、24時間稼働させても自動売買はできますが、ポジションを持っている最中のパソコンの故障やOSにエラーが出た場合等のリスクがあるので、マジで危ないです(特に、外出中や仕事中、寝ている間とか)

さらに言えば、地震とか落雷でパソコンが壊れるリスクもあるし、たまに聞くのは、

田原
子供やペットが間違ってPCの電源を消してしまう。

 

というパターンです。(掃除中にコードを引っこ抜いて大損とかもあるよw)

こんな感じで、自分のパソコンを24時間稼働させてしまえば、電源が消えたり故障のリスクも跳ね上がるわけですが、それ以外にも、電気代や常時稼働によるパソコンの劣化に伴ったランニングコストもプラスされます。

 

しかし、これに対して、VPSであればレンタル費用は掛かりますが、管理会社のメンテナンスにより、上記の様なリスクがなくなるので安心してEAを放置することができるわけです。

田原
常にパソコンを気にしてる生活とかマジで謎すぎw

 

それに、FX用に特化したVPSもあるので、パソコン自体のハードウェアとEAの相性によるトラブルのリスクも回避することができます。

ということで、VPSを使わないでEAを運用するリスクについて解説してきたわけですが、VPSの使用料が気になるあなたのためにランニングコストの比較をしてみました⬇︎

VPSと自分のパソコンでEAを稼働した時のランニングコストを比較

初心者の方が、VPSの導入でハードルを感じるのはランニングコストの面だと思うので、自分のパソコンとVPSを利用した際の料金について比較していきます。

まずは、VPSから..

 

VPSのランニングコスト
VPSはいくつか種類があるんですが、僕が使っているABLENETで言うと..
✔︎ 月払い
毎月の支払いで、割引なしの月額2,809円(税込み)

✔︎ 6ヶ月払い
半年ごとの一括払いで、金額は14,960円(税込み)
月額にすると2,493円になるので、約11%の割引になっています。

✔︎ 年払い
1年ごとの一括支払いで、金額は27,407円(税込み)
月額にすると、2,284円になるので、約18%の割引になっています。

 

こんな感じになります。

年払いを選択すれば、月に2000円+αでVPSを運用してEAで稼ぐことができるわけですね。

田原
僕も年払いです。

 

これに対して、自宅のパソコンでMT4を稼働した場合を計算してみると..

 

自分のパソコンのランニングコスト
ランニングコストになるパソコンの電気代を計算すると、一般的なデスクトップパソコンであれば、24時間稼働させた場合の電気代は大体80円くらい(スペックの高いともっと増える)なので、計算するとこんな感じ⬇︎
1日  :80円
1ヶ月 :2,400円
1年  :29,200円

 

そうなんです。

実は、VPSを利用した時と、自分のパソコンを稼働させた時のランニングコストはほぼ一緒か、VPSの方が安くなるんです。

冒頭では、

田原
VPSの使用料をケチるやつは稼げない。

 

って言いましたが、普通に月額の使用料を計算しても、VPSの方が安い(+リスクも低い)んですよね。笑

まぁ、ここに気づけずに..

初心者
たぶん、自分のパソコンでやった方が安いだろう..

 

って目先で判断するから、この手の人はEAでも稼げないんだけどねw

ということで、この時点で「EAで稼ぐならVPSを使うのが必須!」ってことが分かったと思うんだけど..

もっと言えば、

田原
24時間パソコンを稼働させると、すぐに劣化して負債になる。

 

つまり、自分のパソコンでEAを稼働させようとすると、電気代というランニングコストに加えて、パソコンの消耗によって買い替えのサイクルが加速するので、パソコン代も追加されることになります。

しかも、突然故障したら、その瞬間にトレードできないリスクと恐怖に晒されるわけです(これはマジでヤバいよw)

どう考えても、

田原
自分のパソコンでEAを動かすメリットないよねw

 

VPSであれば、いくら酷使しようが管理会社がメンテナンスしてくれるので、壊れて使えなくなることを心配する必要はなく、買い替える費用が掛かることもないわけです。

VPSの起動方法やMT4のインストール方法は?

さて、ここまでで、

田原
EAで稼ぎたいならVPSは必須。

 

という理由について解説してきたわけですが、

・どのVPSを選べばいいのか?
・VPSの起動方法は?
・VPSのインストール方法は?
・MT4のインストール方法は?

などと、

気になる部分も多いと思いますが、この辺りに関しては、僕が使ってるEAの申請フォームに登録してくれた方だけに、『メルマガ+図解記事』でアホほど詳しく解説しています。

なので、僕が使ってるEAで稼ぎたいという人は、そちらの情報をチェックすれば問題なくVPSを導入することができるようになっています。

 

ということで、僕が使ってる優秀なEAについては、こちらをチェックしてください⬇︎

≫ 初心者がEAで稼ぐためにステップと詐欺案件の裏側..

 

それでは、

田原
楽しい投資ライフを!