【解決】飲酒で顔が赤くなる人、ならない人は何が違うの?

飲酒で顔が赤くなる人・ならない人の違いとは?

世の中には、お酒を飲んで「顔が赤くなる人」「赤くならない人」がいますよね。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

僕は、確実に赤くなるタイプです。それもソッコーで笑

 

顔が真っ赤になり、「もう飲めません」と言えばお酒を注ぐほうも納得しますよね。

しかし、全く変わらないけど弱い人は「まだ飲めるだろう」と思われて注がれてしまう。

なぜ、お酒の強さが同じでも顔が赤くなる人とならない人がいるのでしょうか?

 

飲酒で顔が赤くなる人・ならない人の違いは?

経験上では、お酒を飲める人の方が顔が赤くなりにくく、飲めない人の方が赤くなる印象がありませんか。

しかし、赤くなるけど飲める人もいるのも事実ですよね!

 

顔が赤くなるのは、身体からのサインなのではないか?

 

顔が赤くなる原因は「アセドアルデヒド」にあった!

お酒を飲んで顔が赤くなり、さらには血圧が上がったり冷や汗をかく、動悸がするなど複合的な症状をフラッシャーと呼びます。

顔が赤くなるのは、体内でアルコールが代謝される際に発生するアセトアルデヒドの毒性が大きな原因なのです。

 

フラッシャーのメカニズム

アセトアルデヒドの作用で、顔などの毛細血管が拡張されることで赤くなります。

さらに、アセトアルデヒドは交感神経の刺激作用がとても強力なのです!

それにより脈拍が上がり、その結果として血圧が上がり冷や汗が出る。

筋肉が緊張するなどの症状が引き起こされるのです。

これがフラッシャーの原因と言われています。

さらに、アルコールが本来持っている血流を促す作用も手伝って、顔の赤さが助長されるというわけです!

 

二日酔いの原因である「アセドアルデヒド」が顔を赤くする原因でもあったなんて!

 

憎いぜ『アセトアルデヒド!』

 

実は、「顔が赤くなる」・「ならないの差」は

このアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が大きく影響していたのです!

ALDHの1つであるALDH2の活性は、その人の遺伝的要素によって決定します。

そして、このALDH2は遺伝的に3つのタイプに分けることができます!

 

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性がカギ

このALDH2のタイプがお酒に強いか、弱いかを決めている!

3つのタイプを紹介していこう。

 

活性型:安定で正常な動きをする
自他共に認める酒豪であり、酒を飲んでも赤くならないノン・フラッシャーだ。

 

不活性型:分解能力が高い遺伝子と低い遺伝子を受け継ぐ
全く飲めなくないが、基本的には酒に弱い。顔も赤くなりやすい。

 

失活型:ALDH2が完全に失活したタイプ
酒に弱いどころか、全く飲めなく、ほとんどフラッシャー
奈良漬程度で真っ赤になってしまう。

 

ちなみに、日本人などの黄色人種の場合は

活性型は50%程度
不活性型は40%程度
失活性型は10%程度と言われています。

白人と黒人は、100%活性型です。
だから彼らは鬼のようにお酒に強いんですね!

 

顔への出方は個人があるので注意!

ALDHのタイプによってお酒の強さを説明しましたが、顔への出方はタイプの中で完全に判断できる訳ではないのです。

顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドにあります。

活性型はノンフラッシャー、失活性型はフラッシャーが多くなります。

しかし、毛細血管への反応には個人差があり、必ずしも一致しないケースが見られる。

珍しいケースでは、失活性型なのに顔が赤くならないノンフラッシャーの方もいるそう。

 

この3つのタイプの中で最も危険なタイプ

この中で、最も病気のリスクがあるタイプは

 

不活性型だ!

 

これは、不活性型でほどほどに飲めるという「飲めば強くなれる」を体現したタイプだ!

『酒に強くなれればいいんじゃない?』って思うかもしれませんが

不活性型は元々アルコール耐性が低いので、

アルコール耐性がアップしても、活性型に比べると酒も残りやすく

アセドアルデヒドの毒性に長く晒されるというリスクがあります!

それにより、咽頭がんや食道がんの羅患率が高くなる傾向が見られています。

 

自分が不活性型かどうか知りたい!

どうやって知るかというと・・・

最も正確な方法は、遺伝子検査を然るべき機関で受けることです。

 

でも、これは面倒くさい!そして高い!

遺伝子検査よりも精度は落ちるが、自分で簡単にチェックできる方法がある!

 

それは「アルコールパッチテスト」だ!

やり方は簡単

脱脂綿に市販の消毒用アルコールを含ませ、上腕部の内側にテープで7分間固定し、剥がした直後と10分後に、脱脂綿が当たっていた肌の色でALDH2の活性を見るだけだ!

脱脂綿を剥がした後、

肌の色が変化しないのが活性型

10分後に赤くなるのが不活性型

直後に赤くなるのが失活性型というわけだ!

 

いずれの方法であっても、自分のALDH2のタイプを知ることは、がんをはじめとするアルコールによる疾患リスクを回避し、普段の飲み方を一考するきっかけになります。

ぜひ、一度検討してみてください!

未来の自分の健康は、今のあなたの選択によって作られます!

今後の「お酒」との付き合い方を決める上でも、
「自分がどのタイプか?」を把握するのはとても重要なのです!