ここでは、XMの口座開設をする前に実施していく『ブラウザのキャッシュ・Cookieの削除』について、その手順を解説していきます。

あなたが開設したXMの口座番号を知らせていただくことで、その口座専門のEAが稼働できる流れになっています。

田原
XMの口座番号とEAを紐付けしてます。

 

ただ、使っているPC環境によっては、「マニュアルのリンクを経由してXMの口座を開設しているにも関わらず、開設した口座の判定がエラーになる」ということも起こる可能性があることから、今回説明する対応を事前に行って頂くようお願いします。

口座開設前にどんな作業をするのか?

まずは、口座開設前に必要となる作業について具体的に説明します。

口座開設のためにXMのホームページに解説マニュアルのリンクからアクセスする際、お使いのブラウザのキャッシュやCookieなどの働きによって、過去にアクセスした履歴が残ってしまうことがあります。

 

ブラウザとは?
インターネット上に存在する様々なウェブページの情報をパソコンの画面に表示させて閲覧するためのソフト

 

キャッシュとは?
一度アクセスしたサイトのデータを手元(ブラウザ)に保存しておくことで、次に同じサイトにアクセスする際の処理速度を向上させる仕組み。

 

Cookieとは?
ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組みで、主にID、パスワード、アドレスなど個人を認識する情報が保存される。
これらのユーザー情報を保存しておくことで、同じホームページを訪問した際の情報入力の手間を省くことができる。

 

XMでは、Cookieを使ってどのルートで口座開設をしたのか判定をしているのですが、残っている過去のアクセス情報が自動的に優先して使われることによって、僕の解説記事を経由したXMの口座開設がうまくできないという現象が起こってしまいます。

この現象が起こらないようにするために、解説記事のリンクを通じてXMの口座を開設する前に、「ブラウザのキャッシュ・Cookieを削除する」という作業が必要になります。

田原
実際の方法を見ていきましょ。

ブラウザのキャッシュ・Cookieを削除する方法

それでは、XMの口座開設前にブラウザのキャッシュ・Cookieを削除する手順を説明していきます。

ここでは、以下の通り代表的なブラウザのキャッシュ・Cookieの削除方法を解説します。

Google Chrome

<ステップ1>

Google Chromeを立ち上げて、画面右上の3つに並んだ黒丸のChromeメニューをクリックする

 

<ステップ2>

その他のツールにカーソルを合わせて、その中から「閲覧履歴を削除」をクリックする。

 

<ステップ3>

2つあるタブのうち、基本設定が選択されていることを確認してください。

 

<ステップ4>

期間のボックス右端にある「▼」をクリックして、「全期間」を選択してください。

 

<ステップ5>

「Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、画面右下の「データ削除」をクリックしてください。

 

田原
以上で、Google Chromeのキャッシュ・Cookie削除は完了です。

 

 Internet Explorer

<ステップ1>

Internet Explorerを起動させて、画面右上の歯車マークの「ツール」をクリックする。

 

<ステップ2>

インターネットオプションをクリックし、「全般」のタブが選択されていることを確認する。

 

<ステップ3>

閲覧の履歴にある「削除」ボタンをクリックしてください。

 

<ステップ4>

チェックボックスのうち、上から2つ目「インターネット一時ファイルおよび、webサイトのファイル」と3つ目「クッキーとwebサイトデータ」にチェックを入れ、画面下の削除をクリックしてください。

 

田原
以上で、Internet Explorerのキャッシュ・Cookie削除は完了です。

キャッシュとCookieを削除して確実に口座を開設しましょう

ここまで、XMの口座開設に当たって、事前に「キャッシュとCookieを削除する方法」をお伝えしてきました。

何度も、口座開設の手続きをやり直すのは非常に面倒なので、確実にキャッシュとCookieの削除をするようにしてください。

それでは、

田原
引き続き、XMの口座開設作業を進めていきましょう。