化学物質の香りによる影響

女子はみんな使ってる香りについて

香りには、様々な健康・美容効果があることがわかっています。

香りは、常温でありながら気体という、とてもエネルギーの高い存在です。
香りは鼻から吸収されると、直接、脳や神経に影響を及ぼします。

臭いのもった分子が、鼻の嗅神経を経て、原始の脳である、大脳辺縁系にダイレクトに伝わるのです。

そのため、香りは自律神経系や内分泌系、免疫系に影響を及ぼします。
分子が小さいので皮膚に塗ると、なんと吸収されて血中まで到達すると言われています。

 

天然の精油って?

天然の香り成分である精油は、自然界の花や葉や木、果物、動物などの香りを蒸留したり搾ったりして抽出したもので、紀元前3000年の古代エジプト文明の時代から存在しています。

こうした香りを使ったアロマテラピーはイギリスではリラクゼーション、フランスでは自然治癒力を高めるものとして長い歴史があり、現在も医療現場やエステで広く使われています。

日本でも、近年アロマテラピーを医療に使うという流れが起きていて、
PMSや更年期障害、認知症の治療などに使われています。

 

そんな香りですが日本で使われている香りは・・・

実は日本で化粧品や洗剤や柔軟剤、芳香剤などに使用されている香料のうち約95%が合成料です。つまり化学物質を合成して人工的に作った香りなのです。

 

なんと天然香料は約5%程度しか使用されていません。

 

昔は、香料は天然香料しかありませんでしたが、19世紀頃から石油化学工業や、パルブ工業などから大量に入手できる化合物を原料に、天然香料中の成分を真似るところから始まり、現在は新しく化学的に合成する技術が発達し、とても安価に残香性の強い合成香料が500種類ほどできています。

近年、高残香タイプの柔軟剤や匂いの強い消臭剤が流行したこともあり、合成香料で体調不良を訴える人が増加しつつあります。

強い香りのする柔軟剤って増えてますよね?

 

化学物質の香りによる影響

イギリスの科学雑誌「ニュー・サイエンティスト」に発表された研究では、消臭スプレー、ヘアスプレーを毎日使う女性は、週に一回未満の女性と比べると、頭痛もちの割合が25%、出産後のうつ病の割合が19%高かったそうです。

こうした製品に含まれる化学物質が、体の抵抗力を弱めることも指摘されています。

香りは天然のように感じても、分析すれば1つ1つは化学物質の組み合わせです。

しかし、例えば合成香料をどんなに駆使しても、未だに本物のバラの香りすら再現はできません。

自然界に存在する香りと合成香料は根本的に違うものだと本能的に人間は判別できます。

できれば香りは、天然の精油を選ぶのがベストですね!!!

 

 

体にとっては、天然のオイルを香りつけに使うのが一番だと言えます。

オイルは、コスメにも入っていますよね?

でも、オイルのことを知らないとどんなコスメを使えばいいのかわからない!

正しい知識を持つ事で、正しい選択をしましょう!

コスメに含まれるオイルについて

コスメの大きな役割は、年齢と共にさらに減少していくお肌の水分や皮脂を補うということですよね?

そう考えると、コスメにどんな油が入っているか、そしてどんな油をお肌にプラスしてあげるのかということを考えることがとても重要なのです。

 

ところが、一般のケミカルコスメに入っているのは、次のようなオイルなのです。

一般的なケミカルコスメによく使用されているオイル

・鉱物油
石油からできた油で、よく精製されていれば無刺激だが栄養価はない。
表示名称はパラフィン、ワセリン、ミネラルオイルなど。

・シリコーンオイル
ミネラルのケイ素を何度も化学反応させて作られた合成樹脂で、水にも油にも溶けにくい。
撥水性があり被膜性が強く洗顔で落ちにくいことが多い。
表示名称はジメチコン、メチコン、シクロメチコンなど。無刺激だが栄養価はなし。

・有機溶剤抽出の植物油
石油系有機溶剤で植物から油を溶かし出し、その後薬品を入れて約200℃の高温で加熱して脱臭、脱色しているので抗酸化力や有効成分が失われがち。

上記にあげたのは、ごく一般的な化粧品のオイルですが、お肌のバリアである皮脂膜を強化し、より良い皮脂膜にするために良質な油分をプラスしてあげることが重要なのに、このように栄養価や抗酸化力のないオイルでは、役割を十分に果たせないのです。

 

これ以外にも、オイルではありませんが、水溶性の合成ポリマーも美容液やジェル、クリームなどによく使われています。

「カルボマー」などが有名ですね。

 

これは赤ちゃんの紙おむつにも使われている高分子吸収剤の一種で、大量の水を抱え込むことができるので、つけている限りお肌はしっとりしますが、分子量が大きいため肌からは吸収されないので、浸透してお肌が潤っているわけではありません。

 

ここ大事ですよ!しっとりしてるからってお肌に吸収されてるわけではない!

無刺激で水溶性なので落としやすいのはいいですが、お肌の善玉菌たちも餌にできないような人工的な合成成分を基礎化粧品として肌に塗るというのは、とても違和感があります。

 

お肌の善玉菌については、こちらの記事をご参照ください。

 

化粧品の油としては、食用と同じくオーガニックで低温圧搾法のオイルがオススメです。

オーガニックの植物は農薬や化学肥料が使われておらず、植物に寄り添った農法で育っているので、元気で栄養価が高いのが特徴です。

低温圧搾法は種や実をジュースのように搾るので、良質な脂肪酸や、天然ビタミンE、カロテノイドなどの抗酸化物質が含まれているのも大きな利点です。

オーガニックオイルは肌で起きる酸化も抑え、より良い皮脂膜を形成する手助けをしてくれます!

 

 

オイル選びは、香りは精油を選び!

コスメはオーガニックのものを選ぶと、長い間より美しいお肌でいられます!