「脳」は食べ物によって作られる 『炭水化物』に関するバイオハックforアンチエイジング

「脳」は食べ物によって作られる
『炭水化物』に関するバイオハックforアンチエイジング

炭水化物の摂取は血糖値の急上昇と急降下を招く

例えば、

ある女性が太り過ぎの勧告を受け「砂糖」や「小麦粉」を減らそうと努力したとしよう。
彼女の飲み物は、スーパーフードのザクロジュース
朝食は、全粒・低脂肪シリアルで、トーストにするときは、
精白食パンはやめて、全粒粉パンに低脂肪ピーナッツバターを塗っている。
間食はポテトチップスはやめて、果糖ブドウ糖液糖不使用の無添加グラノーラバーやダークチョコレートコーティングのアーモンドにした。

これだけ気を配れは、自分が口にしているほぼ全ての食品の中に血糖値スパイク(短時間の血糖値の急上昇)やブレインフォグ、体重増加の元凶となる食品が実は含まれていることに気づかないだろう。

 

それはなぜか?

世の中に出回っている食品は消費者に優しくはない。
情報を持っていない人間は、言い方は悪いが『カモ』にされているのだ。

実は、彼女が口にしていたのは・・・
ザクロ入りジュースで、原材料表示を見ると、最初の2つは「リンゴ果汁」と「ブドウ果汁」だった。
原材料は重量の割合の大きいものから表示されているのだが、その2つよりも高価で品名の由来にもなってる身体にもいい「ザクロ果汁」は、なんと最後に記載されていたのだ。

彼女が食べている、
全粒・低脂肪シリアルは原材料表示の3番目が「砂糖」
無添加グラノーラバーは、2番目が「ブラウンシュガー」
ダークチョコレートコーティングのアーモンドも、2番目が「砂糖
低脂肪ピーナッツバターは、最初の2つが「果糖粉末」と「砂糖」だ。

また、
全粒粉パンにも全粒の「小麦粉」と「果糖ブドウ糖液糖」が含まれていた。
肝心の食物繊維はほぼ含まれていないし、 GI値も精白パンと変わらない。

少量の小麦粉や砂糖を、時々口にする程度なら何も問題がない。
もしあなたが大量に摂取することが習慣になっているとしたら
食事や間食のたびに「血糖値スパイク」を引き起こす食品を口にしていることになる。

そうした食品が、あなたの「頭の調子」や「気分」に大きな影響を与えているのだ。

パッケージの名前を盲目的に信用したり、テレビで言ってたやネットで見ただけで判断するのではなく、しっかりとした知識を身につけ、『自分の目』見て判断する考え方が重要なのだ。

 

今日食べたものが
たまたま訪れた人生のチャンスを掴めるかどうかの場面での自分の体を作っているとしたら、もっと日々の食に意識を向けられるのではないでしょうか?

 

 

 

『GI値』に注意しよう!

GI値って?

食品中の炭水化物(糖質)が血糖値をどのくらい上昇させるかを測定し、その値を食品どこに総体的に示した数値のことである。

 

高GI値は血糖値を大幅に増加させ
低GI値はそれほどでもない。

 

GI値が55以下低GI値食品に分類され、
これらは、豆類、種子類(くるみ、ピスタチオ、ピーナッツなど)、いちごなどが含まれる
GI値が56〜69の食品中GI値食品に分類され、
バスマティ米、バナナなど
私たちがよく口にしているのが
GI値70以上の高GI値の食品だ!
精白パン、白米、パスタ、クッキー、キャンディー、ケーキなどである。

 

私たちが食べる「精製した炭水化物」が増えるにつれ、私たちの身体は次々に分泌されるインスリンに反応しなくなり、細胞が血液中のブドウ糖を取り込まなくなってしまいます。

このような状態はインスリン・レジスタンスと呼ばれ、脳機能の低下につながっているのだ。

 

 

脳の機能を下げることを避け、よりエネルギッシュな毎日を過ごしましょう!