こんにちは、EA専業トレーダーの田原です。

EAにとってはVPSは命です。

田原
VPSがなければEAは正常に稼働しない

 

と言っても過言ではないです。

VPSの費用をケチって、自前のPCでEAを稼働するという無謀者もいますが、安心して稼ぎたい人はVPSを利用することを強くオススメします。

ってことで、今回は仮想デスクトップ(VPS)の契約〜導入まで解説していきます。

仮想デスクトップ(VPS)とは?【ABLENETを推奨】

EX-EAに限らず、全てのEAはいつ取引・決済が行われるか分からないため、平日の間は24時間稼働し続ける必要があります。

しかし、自宅で使用しているパソコンは、Windowsのアップデートなどによる再起動によって急に電源が落ちたり、インターネット回線が途切れたりするなど不安定な状態なので、そのような不安定な状態になると正しく自動取引が行われずに、思わぬ損失を抱えてしまう場合があるわけです。

そこで利用するのが、

田原
仮想デスクトップ(VPS)です。

 

仮想デスクトップというのは、インターネット上で常に動き続けてくれるパソコンだと思ってください。

インターネット上に存在しているため、自宅のパソコンを起動しておく必要はありませんし、電源が切れることもなく回線も安定しているので、トラブルが発生することは皆無に近いです。

そのため、通常FXのEAは、ほとんどの方が仮想デスクトップ上で稼働させており、Beast+も安定的な動作を確保する必要があることから、できる限り仮想デスクトップ環境でのご利用を推奨しています。

詳しくはこちらへ↓

≫ 自動売買で稼ぐならVPSは必須【ケチる奴は稼げない】

 

ただ、仮想デスクトップ(VPS)を提供する業者は非常に多く、特に初心者の方はどの業者を選べばいいのか、どうやって契約すればいいのか、分からないことも多いと思います。

それこそ、仮想デスクトップを選択する段階で迷ったり、不安に思って先に進めないと、トレード機会の損失に繋がるので、FXトレーダーに最もオススメの仮想デスクトップ業者である

 

『ABLENET(エイブルネット)』

 

の契約手順から起動方法まで、詳しく解説していきます。

田原
VPS使わないとEAの性能を発揮できないんです..

エイブルネットの仮想デスクトップ(VPS)の契約手順

<ステップ1>

まずは以下のボタンをクリックして、仮想デスクトップ業者「ABLENET(エイブルネット)」のホームページを開いてください。

 

<ステップ2>

次のようなトップ画面が表示されるので、『VPS』というタイトルの下にある「くわしく見る」ボタンをクリックしてください。

 

<ステップ3>

次の画面の右上にある「申し込む」というボタンをクリックします。

 

<ステップ4>

プラン選択という画面が開くので、ここでは「Windowsプラン」を選択してください。

 

<ステップ5>

まず、一番上の項目である「サービスプラン」については、左から2つ目の「Win2」をクリックして選択してください。

余裕を持って、EAを動かしたい場合の推奨コースは「Win2 SSDプラン」になります。

田原
僕は何個か動かしてるので大きいプランです。

 

※ 「Win1 SSDプラン」でもEAは動きますが、EAのスムーズな稼働を希望される場合は、「Win2 SSDプラン」をオススメします。

 

<ステップ6>

ストレージでは、「SSD 120GB」をクリックしてください。(Win1 SSDプランの場合はGB数が異なります)

 

<ステップ7>

✔︎ クレジットカード試用期間あり
✔︎ クレジットカード試用期間なし
✔︎ コンビニ払い

の3つからお支払い方法を選択してください。

 

 

クレジットカード試用期間あり
本契約に入るまでに10日間のお試し期間があります。お試し期間中にVPSの使用感を確かめることが出来るのはメリットですが、デメリットとして試用期間終了までに本契約への移行処理をしなければならないため、手間がかかります。
ちなみに、本契約への移行処理をしないで10日間の試用期間を終了した場合には、自動的にサーバーは廃止されますし、本契約の移行処理をしなかった場合は、料金が発生しません。
クレジットカード試用期間なし
今回の契約手続きをもって本契約となり、クレジットカードから料金が支払われます。試用期間が不要な場合、別途本契約の移行処理が面倒だと思われる場合は、「クレジットカード試用期間なし」を選択してください。(僕はこれでスタートしました)
コンビニ払い
今回の契約手続き終了後に、登録した住所あてにABLNETからコンビニ払込票が郵送されるので、コンビニでの料金支払いを行い、ABLNETでの入金確認(通常1〜2営業日)が完了すれば、本契約となります。
コンビニ払込票には、登録時から最大10日間の「払込有効期限」が記載されており、払込有効期限までは試用期間として無料でVPSを使うことができます。
払込有効期限までにコンビニでの料金支払いがなければ試用期間が終了し、自動的にサーバーは廃止されます。(コンビニ払いには手数料160円+税が必要になります。)

田原
EAを運用すれば回収できるので、僕は試用期間なしでスタートしました。

 

<ステップ8>

ABLNET VPSサービス利用規約を読んで、「利用規約への同意が必要です」をクリックして同意してください。

また、その下の「ご利用コンテンツ同意事項」3つについてもクリックして同意してください。

 

<ステップ9>

ページ最下段中央にある「規約に同意し、進む」をクリックしてください。

 

<ステップ10>

契約期間、オプションの画面が開きます。

 

<ステップ11>

「契約期間・オプション」の項目で、サーバー契約期間を「月払い」「6ヶ月払い」「年払い」の3つの中からクリックして選択してください。

ちなみに、前の画面で「お支払い方法」として「コンビニ払い」を選択した場合、「サーバー契約期間」は「6ヶ月」「年払い」の2つからの選択になります。

 

 

 

サーバー契約期間のポイント
✔︎ 月払い
毎月の支払いで、割引なしの月額2,809円(税込み)

✔︎ 6ヶ月払い
半年ごとの一括払いで、金額は14,960円(税込み)
月額にすると2,493円になるので、約11%の割引になっています。

✔︎ 年払い
1年ごとの一括支払いで、金額は27,407円(税込み)
月額にすると、2,284円になるので、約18%の割引になっています。

田原
今は年払いですが、最初は6ヶ月払いでした。

 

<ステップ12>

サーバー契約期間を選択したら、「見積り画面へ進む」ボタンをクリックします。

 

<ステップ13>

すると、「お見積もりを表示」という画面が開きます。

 

<ステップ14>

ここでは、先ほどの画面で選んだ「サーバー契約期間」に応じた見積り金額が表示されるので、金額を確認してください。

【参考①】

:サーバー契約期間を「月払い(1ヶ月)」として場合の見積金額

 

 

 

【参考②】

:サーバー契約期間を「6ヶ月払い」として場合の見積金額

 

 

 

【参考③】

:サーバー契約期間を「年払い(12ヶ月)」として場合の見積金額

 

 

※ コンビニ払いを選択した場合は、手数料が160円プラスされます。

 

<ステップ15>

見積りを確認すれば、少し画面を下にスクロールして、「WindowsServer利用規約」と「WindowsServer初期OS」の項目を設定していきます。

まず、「WindowsServer利用規約」は、画面右の「同意する」をクリックしてください。

その下の「WindowsServer初期OS」は、同じく画面右の「WindowsServer2012R2」をクリックしてください。

 

 

<ステップ16>

「申込者情報の入力へ進む」をクリックしてください。

 

 

<ステップ17>

お申込者情報入力という画面が開きます。

 

<ステップ18>

お申込者情報の各項目に、あなたの情報を入力していきます。

 

 

 

<ステップ19>

お申込者情報の入力が完了したら、「注文内容の確認へ進む」をクリックしてください。

 

 

<ステップ20>

次の画面では、今まで入力してきた「申し込み情報」が一覧で表示されるので、誤りがないか確認してください。

 

 

<ステップ21>

申し込み情報に誤りがなければ、画面を少し下にスクロールして、クレジットカード情報を入力していきます。

 

 

<ステップ22>

クレジットカード情報を入力したら、注文を確定するというボタンをクリックします。

 

 

<ステップ23>

お申し込み完了画面が表示されます。

先ほど入力したアドレスあてに、ABLENETから「お申し込み受付けお知らせ」が届くので確認してください。

 

 

 

<ステップ24>

お申し込み完了と同時に、以下のメールがABLENETより送られてきます。

この時点では、まだABLENET側であなたのVPSサーバーの設定が完了していないので、引き続き「設定完了」の通知が届くのを待ってください。

 

<ステップ25>

少しすると、「VPS(Winプラン)設定完了通知」がABLENETから届きます。

このメールが届くと、いつでも仮想デスクトップを起動させることが出来るようになるのですが、このメールに記載されている..

 

✔︎ WindowsServer設定情報
✔︎ コンピューター
✔︎ ユーザー名
✔︎ 初期パスワード

 

これらは仮想デスクトップ(VPS)にログインするための大切な情報です。

以下のメールは消さないように保存しておいてください。

 

 

以上で、エイブルネットでの仮想デスクトップの契約は完了です。

田原
お疲れさんでした。

 

ここからは、仮想デスクトップの起動手順について解説していきます。

※ お使いのパソコンがmacの場合は、『Microsoft Remote Desktop 10』というアプリをAppleストアからダウンロードして、そちらの設定を進める必要があります。

エイブルネットの仮想デスクトップ(VPS)の起動手順

リモートデスクトップは、WindowsPC、Mac、Android、iPhone用にそれぞれアプリがありますが、WindowsPCにはあらかじめインストールされています。

ってことで、

田原
レッツゴー!

WindowsでVPSを利用する場合【エイブルネット】

<ステップ1>

まずは、お使いのパソコンを起動して、デスクトップを表示されてください。

デスクトップが表示されたら、画面の左下にある「Windowsマーク」をクリックしてください。

 

<ステップ2>

Windowsマークをクリックすると、各種アプリケーション起動用のメニューが画面上に展開しますので、その中から頭文字「W」のアプリケーション一覧が表示されるまでスクロールバーを下げていってください。

「W」のアプリケーション一覧から、「Windowsアクセサリ」をクリックしてください。

 

<ステップ3>

Windowsアクセサリをクリックすると、内部に格納されているアプリケーション一覧が展開して出来るようになりますので、中から「リモートデスクトップ接続」をクリックしてください。

 

<ステップ4>

リモートデスクトップ接続のポップアップ画面が表示されるので、画面内上部の「コンピューター」欄に、ABLENETから届いた「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールに記載されている「WindowsServer設定情報」の「コンピューター」の情報を入力し、画面下部の「接続」をクリックしてください。

 

<ステップ5>

「資格情報を入力してください」というポップアップ画面が表示されますので、順番に入力していきます。

ユーザー名の欄には、ABLENETから届いた「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールに記載されている「WindowsServer設定情報」のユーザー名の情報を入力してください。

パスワードの欄には、同じく「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールに記載されている「WindowsServer設定情報」の初期パスワードの情報を入力してください。

2カ所の入力が終わりましたら、その下にある「このアカウントを記憶する」のチェックボックスにチェックを入れて、一番下左の「OK」ボタンをクリックしてください。

 

<ステップ6>

使っているパソコンの環境で変わりますが、先ほどの「資格情報を入力してください」のポップアップ画面で「OK」をクリックした後に、以下の「セキュリティ証明書エラー」確認メッセージのポップアップ画面が表示されることがあります。

このポップアップ画面が表示されても、今回のVPS接続に問題はありませんので、画面下部の「このコンピューターへの接続について今後確認しない」というチェックボックスにチェックを入れて、一番下の「はい」ボタンをクリックしてください。

 

<ステップ7>

これまでの入力情報に誤りがなければ「VPS」に接続され、以下の通り「仮想デスクトップ」画面が表示されます。

表示されている画面は、普通のパソコンの画面に見えるかと思いますが、これがインターネット上で24時間動き続けてくれる「仮想デスクトップ」の画面になります。

この環境に、取引ツールである「MT4」を導入して、「MT4」にBeast+をセットすることによって24時間体制での自動売買トレードを行っていきます。

 

 

以上で、仮想デスクトップの起動作業は完了です。

田原
お疲れさん!

macでVPSを利用する場合【エイブルネット】

<ステップ1>

Microsoft Remote Desktop10をAppStoreからダウンロードする。

 

 

<ステップ2>

Microsoft Remote Desktop10の設置をすることで、VPSに接続していきます。

最初だけ設定が必要になりますので、ABLENETから送られてきた「VPS(Winプラン)設定完了通知」メールを確認してください⬇︎

 

<ステップ3>

Microsoft Remote Desktop 10を開くと、下記のような画面が表示されますので、「Add PC」をクリックしてください⬇︎

 

 

<ステップ4>

入力画面が開いたら、順番に入力していきます。

 

 

PC nameの欄に、設定完了通知のメールに記載されている【 WindowsServer設定情報 】の項目を上から『コンピューター → ユーザー名 → 初期パスワード』の順番にコピー&ペーストしていきます⬇︎

 

 

User accountの項目をクリックして、「Add User Account…」を選択します⬇︎

 

 

Usernameの欄にメールに記載されているユーザー名をコピー&ペーストしたら、Passwordの欄に初期パスワードをコピー&ペーストします⬇︎

 

 

入力が終わったら「Add」をクリックし、続いて右下の「Add」をクリックして設定は完了です。

 

 

<ステップ5>

Microsoft Remote Desktop10でVPSのWindowsに接続する

Microsoft Remote Desktop10のウィンドウに先程設定したサーバーが表示されるので、ダブルクリックして開きます。

 

 

続いて下記のウィンドウが表示されるので、「Continue」をクリックするとVPSのWindows画面が開きます⬇︎

 

 

Windowsの画面が開いたら、macでのエイブルネットのVPSへの接続は完了です⬇︎

 

 

あとは、MT4のインストールとEAの導入で終わりですが、ここから先はBeast+申請後のメールに記載されているので、そちらを確認してください。

ってことで、

田原
今日も稼ぎまくろうっ!