介護職を3ヶ月で辞めると転職できないは嘘【就職先は無限にある】

新卒入社または転職後3ヶ月目の介護士の皆さんは、お仕事は順調でしょうか。

職場の人間関係や残業に悩まされてはいませんか。

 

今回は、介護職を今すぐ辞めるべきなのか、それともここでもう少し長く勤めるべきなのか、自分の職場の状況と照らし合わせて判断してみてください。

また、辞める際の注意点や転職を実現するための具体的な方法について解説します。

始めて3ヶ月でも介護職を辞めるべき状況【3選】

一般的に、「すぐに会社を辞めるのはよくない」「3ヶ月で辞めると、根性がないやつと思われ転職ができない」と言う話を聞きます。

しかし、会社の状況と辞める理由によると思います。

あなたの今の状況と照らし合わせて、やめるべき状況なのかを考えてみてください。

3ヶ月で辞めるべき状況①職場の人間関係が辛い

職場で、いじめや陰口が常に行われているような職場は辛いです。

もちろん自分がいじめの対象にあったり、陰口を言われていて、業務に支障をきたしている場合はすぐに転職を考えましょう。

 

また、自分以外の同期や後輩、先輩の介護士が他の介護士にいじめられているような職場も嫌ですよね。

このような環境にいても、自分にとっていいことはありません。

 

3ヶ月で辞めるべき状況②職場に尊敬できる人がいない

先輩介護士が仕事に対して真摯でなかったり、患者さんに対する態度が横柄であるなど人として尊敬できる先輩が一人もいない場合は転職を考えてみても良いかもしれません。

 

特に、新しい仕事を始めたばかりの頃は、先輩の仕事の仕方を真似して成長していくことが多いと思います。

将来の自分の姿を考えた時に、先輩のようになりたくないと思ったら、転職を考えてみても良いかもしれません。

 

3ヶ月で辞めるべき状況③介護の仕事が自分にあっていない

介護職は、社会貢献性や人の役に立てることによる充実感などやりがいの大きい仕事ですが、精神的にも肉体的にも負担がかかりやすい仕事です。

仕事において向き不向きは当然あります。

 

自分の適正を考えた上で、転職を考えてみても良いかもしれません。

かいご畑

 

 

迷惑を最小限にするためにも転職のタイミングは大事

一番大事なのは、あなたの健康です。

転職したいと思ったならば、あなたの人生ですので思いっきって辞めて転職するのも良いでしょう。

 

しかし、できるだけ円満に退職するためにも、しっかりと引き継ぎを行なってからやめることをおすすめします。

ここでは、実際にやめる際には、何をすれば良いのか具体的に説明していきます。

3ヶ月で辞めるのに必要な準備①職場での調整

転職する際は、自分の仕事はきっちりと引き継いてから、行いましょう。

引き継ぎを責任を持って取り組むことで、お互い気持ちよく次の仕事に進むことができます。

 

3ヶ月で辞めるのに必要な準備②ご利用者様やご家族への説明

介護士として、ご利用車様のご家族へしっかりと説明をしておくとよいでしょう。

挨拶に伺い、次の担当者が来ることをお伝えしましょう。そうすることで、ご利用者様も不安を感じず、さらにご家族の方も安心することができるはずです。

 

 

3ヶ月で辞めても転職を実現するための方法

転職をするためには、どういった手順を踏めば良いのでしょうか。それらについて、説明いたします。

3ヶ月で辞めても転職する方法①転職エージェントに相談する

まず、転職エージェントに相談する方法があります。

 

転職エージェントに相談をすることで、自分では見つけることのできなかった求人や一般的には公開されていない求人を紹介していただけることもあります。

 

ぜひご活用してみてください。

かいご畑

 

 

3ヶ月で辞めても転職する方法②転職サイトに登録する

転職サイトに登録するのも良いでしょう。

サイトに登録されている情報を見て、どういった求人があり、何の応募資格が必要なのかについて自分で知ることができます。

 

介護職だけではなく、他の職種を見ることもできるので、一度登録をし、確認してみてください。

無料なので、捨てアドでいいので、たくさん登録して情報を得ましょう!

 

 

3ヶ月で辞めても転職する方法③知り合いの紹介

もしあなたの周りで、お仕事を紹介してくれる人がいるならば、一度働くのも一つの手でしょう。

 

今、日本では人材採用に困っている職場も多くあるため、紹介してもらえる可能性がある会社も多くあるでしょう。

知り合いからの紹介の場合、職場の様子や雰囲気を事前に詳細に知ることができるはずです。

 

しかし、知り合いの紹介の場合、紹介してくれた人のためにすぐにやめることはできないです。

しっかりと考えてから決断しましょう。

 

 

まとめ

今回は、現在の職場をやめるべき状況と、実際に介護職から転職する際の手順、その方法について解説しました。

やめるべき状況は、①人間関係が辛い場合、②尊敬できる上司がいない、③介護の職場が自分にあっていないです。もし、自分がこれらの条件に当てはまった場合には転職を考えてみても良いかもしれません。

 

さらには、介護職から実際に転職する際にできるだけ円満に退職するための引き継ぎについて説明しました、

最後に、転職先を探すための方法について説明しました。

方法として、①転職エージェントに相談する、②転職サイトに登録する、③知り合いの紹介を活用するなどを挙げました。

 

ぜひ参考にしてみてください。

かいご畑